患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40歳代の男性の手記より(脱肛・入院手術・2009年春)

入院患者さんへのアドバイス


食事は部屋食じゃなく、食堂がおすすめ!


皆共通の話題で情報がもらえるし (男女問わず)
たとえ短期間でも楽しく過ごせる。


(朝の最初の会話では男女問わず気楽に、”出た” ”痛くて出ない” など・・・)


先に入院し仲よしグループができていれば
単独の人に声をかけてあげて下さい。


【 ドクターからのメッセージ 】


今回の入院患者さんたちの中でのムードメーカーでした。
コンサートの時にも盛り上げていただき、ありがとうございました。


おっしゃる通りです!
皆さん、食堂で一緒に食べましょう!


一人で食べるよりもおいしいですし、
食堂で他の患者さんと仲良くなることが多いです。


私からも是非! オススメです!


佐々木 みのり





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


スポンサーサイト

40歳代の女性の手記より(痔核・痔ろう・裂肛・入院手術・2009年春)

大変お世話になりました。


ありがとうございました。


【 ドクターからのメッセージ 】


完治まで、あと少し!


一緒に頑張りましょう!


佐々木 みのり


院内コンサートのご感想 vol.75

入院中にまさかコンサートが聞けるとは、思いもよりませんでした。


みのり先生、歌うますぎです。すごい迫力がありました。


お尻の痛みも忘れて楽しめるので、一石二鳥です☆


30歳代の女性の手記より(裂肛・肛門狭窄症・入院手術・2009年春)

手術中はとても楽しかったです


先生方と世間話など、おしゃべりをしていて、
あっという間の時間でした。 おもしろかった~


本当にリラックスさせていただき、
緊張、不安を解いていただき有難うございました。


看護師のみなさんも全員優しく親切で、とてもお世話になりました。


本当に有難うございました。


【 ドクターからのメッセージ 】


手術中も楽しんでいただけたようで良かったです


手術の時は、皆さん緊張されるので、
なるべくリラックスして頂けるよう、お声かけをしたり
おしゃべりしながら手術をしています。


あまり笑いすぎて、おしりがピクピク動くことも・・・


笑いすぎには注意しましょう


佐々木 みのり





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


50歳代の女性の手記より(脱肛・入院手術・2009年春)

数10年前に兄がここで手術を受けていたので、
手術を受けるのなら、この病院でと考えていました。


痔を患って、本当に本当に長い間、
常に気にしながらも手術を受ける勇気、人に見せる勇気がなく、
今日まで来てしまいました。


これから先のことを思い、今が時期だと決心して受診しました。


初診の時に受けた女医さん、看護婦さんの対応にホッとしました。


勇気をふりしぼって受診してツンケン言われたら、即やめようと思っていたので、
そうならず、手術までこぎつけることができました。


自分でも重症だと自覚していたので、
他の人達よりも長時間、手術する時間がかかるだろうと思っていましたが、
40~50分程度で終わり、ホッとしました。


同室の人達ともいい雰囲気で、5日間過ごさせていただいたことも幸いでした。


これからも勇気をふりしぼって来た患者さんがホッとできる病院であってほしいと思います。


先生方、看護婦さん、受け入れて対応していただいてありがとうございました。


お世話になりました。


【 ドクターからのメッセージ 】


男女問わず、肛門科に行くのは勇気が要るようです
何となく、暗くて こわ~いイメージもあるようです。


でも! 実際に来てみると、若い女性は多いし、結構 明るいんですヨ
皆さん、明るくて楽しい雰囲気にビックリされます。


この診療所の門をくぐった人がみんな笑顔でHappyになって帰って行けるよう、
私たちスタッフ全員で頑張ります!


佐々木 みのり





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


院内コンサートのご感想 vol.74

子供達は可愛いし、高校生の女の子はプロ並みのピアノ
先生方のボーカルは情感たっぷりで、
しばし、おしりの痛みも忘れて、いい時間を過ごすことができました。


歌もさることながら、ずっと続けてピアノ伴奏をしてくれた
ピアニストの方の演奏もすごいと思いました。


Bravo!!

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。