患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

60歳代の女性の手記より(脱肛・入院手術・2009年春)

こんなゴールデンウィークも一生のうちにあっても良いかと
意を決し手術にのぞみました。


術後はストレッチャーにのってベットまで行き
治療生活の始まりかとおもっていました。


でも一番の驚きは、手術後 自分の足で手術台からおりて
下着も自分でつけて、歩いて病室まで行けた事。


先生がざっくばらんで、細かい事から何でも相談が出来て
尚 看護師さん皆さんがケアの為に接して下さり、頭のさがるおもいです。


談話室での家庭的なコンサートライブが催されて、感動の夜でした。


お尻のヒリヒリは日にち薬か、これに耐える事が今一番の課題

おサルさんの気持ちが少しわかります?


【 ドクターからのメッセージ 】


入院手術のほとんどを、局所麻酔で行っています。


ちょっと 注射をさされる痛みはありますが、効いてしまえば痛くないですし、
何よりも、術後の回復が早いです。


手術室から病室まで歩いて帰れます!


術後の安静度も低くなります!


せっかくのゴールデンウィークでしたが、
患者さん同士のふれ合いもあり、楽しそうに過ごされてましたね!


良い思い出(?)になったことと思います。


佐々木 みのり





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


スポンサーサイト

30歳代の女性の手記より(脱肛・入院手術・2009年春)

私の場合は手術は痛みがありました。


術後の痛みもひどかったです・・・。


痛み止めの注射が効いて、夜はぐっすり眠れました。


次の日の浣腸も排便も痛かったので、
私にとっては痛い事だらけの入院生活でした


ただ、先生や看護婦さん達はネットで見ていた通り、
皆さん本当に親切な方ばっかりで、非常に助かりました。


この病院を選んで良かったと思います。


手術が必要になる前に、さっさと受診しとけば良かったと思いました。


ちなみに 入院中、他の患者さん方は、手術、術後などなど、
案外ケロッとしてました・・・(笑)


やっぱり痛みには個人差があるんですね。


【 ドクターからのメッセージ 】


「痛くない」 という評判の入院手術ですが、全く痛みがないという訳ではなく、
少しくらいは痛みもありますし、個人差もあるものです。


特に、痛みがひどいと、まわりの患者さんたちと、自分を比べてしまって、
落ちこんだりされることもあると思います。


でも、その痛みは一生続きません。


日にち薬で、だんだん楽になっていきますし、
完治すればなくなります。


それまでの辛抱です。 もうしばらく頑張りましょう。


また、痛みがあることと術後の経過では、
あまり関係ないことが多いです。


痛みが強くても心配いりません。


大切なことは、おしりがちゃんと治ることです。


完治まで、あともう少し!


一緒に頑張りましょう!


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ



院内コンサートのご感想 vol.73

楽しい時間を有難うございました。

30歳代の女性の手記より(脱肛・痔ろう・裂肛・入院手術・2009年春)

自分自身で痔と自覚したのは、大肛に診察に来て初めて気がつきました。


長年、痛みに耐えた訳でもなく、入院前に自覚したので、
手術 and 術後が、どれ程痛いのか心配しましたが、
思っていたよりも痛みはありませんでした。


排便時・後の痛みは、薬を飲むとマシになったので、
激痛ではありませんでした。


看護師さんも皆親切な方だったので、不安もなく入院生活を過ごせました。
(先生ももちろん親切です)


退院後、仕事に行くのが不安ですが、
ゆっくりと自分のペースで過ごしていければ・・・と思います。


色々お世話になりました。
これからもお世話になると思いますが、よろしくお願いします。


家から遠いですが、大肛で手術してよかったです。


【 ドクターからのメッセージ 】


随分 立派な痔があるのに、全く気付いておられない患者さんが時々おられます。
それは ある意味、幸せなことかもしれません。


何の症状もなければ、痔があったって何も困ることはありません。


そのようなケースでは、たとえ医学的にみて手術が必要であっても
患者さん自身が必要と感じておられなければ
手術はする必要はないと思います。


痔はガンと違って、命にかかわる病気ではありません。


ですから、手術をするかどうか、手術をするなら、いつ やるのかについては、
患者さん自身が、自由に決められたらいいと思っています。


私たちは 「手術して良かった!」 と言ってもらえるよう
全力を尽くします!


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ




40歳代の女性の手記より(ポリープ・入院手術・2009年春)

手術を受けるしかないと思ってきたので、
すぐに入院手術を決めて帰りました。


6日間は長いと思っていたけれど、アッという間の期間で、
同室の人にも恵まれ、楽しい入院生活でした。


みんな同じ病気、同じ悩みを抱えた人達なので、
痛みをわかち合って過ごしていました。


入院中はコンサートもあり、
TVがなくても全然退屈しない日々でした。


とは言え、もう二度と経験したくないので、
今度は毎日のケアを大切に、
新しくなったおしりを可愛がっていきたいと思います。


【 ドクターからのメッセージ 】


楽しい入院生活で何よりでした
そう言えるのも、痛みが少ないからです。


本当に良かったです。


皆さん、とっても楽しそうでしたね
アッという間の5泊6日で、思い出深いゴールデンウィークとなったようですネ。


手術までして治した おしり。
今後、また痔にならないよう気を付けて下さいネ!


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ




院内コンサートのご感想 vol.72

アットホームなコンサートで楽しかったんですが、
丸いすに長時間座るのはツラかったです。

30歳代の女性の手記より(痔核・痔ろう・裂肛・肛門狭窄症・入院手術・2009年春)

トイレを男性用女性用と分けてほしい。


  → (ドクター)
   そうですね
   お気持はよ~く分かります。
   でも、術後は トイレ介助が必要な人もいて、
   病棟のトイレは分けることが難しいんです スミマセン


入院中は暇なので、この近辺の地図などがあったら便利です。
おいしいお店などの情報があれば、もっと良いと思います。


  → (ドクター)
   実はHPで近隣マップをのせてあります。
   印刷も考えてみます。
   (近隣マップ http://www.osakakoumon.com/map.html


食堂に音楽を流してほしい。


  → (ドクター)
   そうですね! 早速やってみます!



入院生活、今日で終わりかと思うと少しさみしいです。
すごく楽しい(?) 時間をすごせて良かったです。


6日間、お世話になりました。ありがとうございます。



【 ドクターからのメッセージ 】


とても楽しそうな入院生活でしたね
私たちもお別れするのが寂しいです。


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


30歳代の女性の手記より(裂肛・肛門狭窄症・入院手術・2009年春GW)

院長先生、みのり先生、看護師の皆様、
大変お世話になりました。


術後の排便時、排便後には まだヒリヒリと痛みがありましたが、
だんだんとマシになってきました。


痔の手術は痛く、何日かはベッドに横にならなくてはいけないイメージがありましたが、
入院中でも大阪城公園まで歩いて行けるぐらい元気でした。


入院生活というよりか、小旅行に来た気分です。


今日退院しますが、寂しいです・・・。 (笑)


楽しかった!?です


皆様 親切な方ばかりでした! ありがとうございました!


【 ドクターからのメッセージ 】


痛みのない人にとっては、少々暇で退屈な入院生活となりますが、
外出もされて楽しく過ごされたようで良かったです。


患者さん同士、仲良くなられた分、お別れが寂しいですね


退院後に同窓会をされているグループもありますヨ!!


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


院内コンサートのご感想 vol.71

少し長すぎて、おしりが痛くなりました。


でも、すごく楽しかったです。


色々な歌が聞きたいので、1番だけで良いんではないでしょうか?


60歳代の男性の手記より(脱肛・入院手術・2009年春)

医師、看護師の気遣いと、献身に痛みも和らぎます。


【 ドクターからのメッセージ 】


お薬よりも、看護師さんたちのやさしさの方が、
痛みに効くかもしれません


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ



50歳代の男性の手記より(裂肛・入院手術・2009年春)

痔の手術という事で、緊張して臨みましたが、
案ずるよりも産むが易しで、痛みも無く
リラックスしながら、手術を受ける事ができました。


術後初の排便は緊張しましたが、思った程の痛みも無く、
今まで経験した事が無い程、スムーズに排便でき驚きました。


こんなに楽に排便できたのは、いつ以来でしょう。


当院で手術できた事に感謝致します。


看護師さん達も、皆 明るく親切で安心して治療に専念できました。
お世話になりました。


【 ドクターからのメッセージ 】


そうですか... よかったです。
こちらこそ、そんな風に思って頂いて、感謝です。


当院に関わるスタッフも、また 患者さん達も、本当に明るい方が多いです。


これにも感謝です。


佐々木 巌



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ



院内コンサートのご感想 vol.70

病院でコンサートを聴けるとは思いませんでした。
選曲も良く知っている曲ばかりで、楽しくすごせました。


入院生活もリラックスでき、また アットホームな雰囲気に触れることができ、
大変良かったと思います。



40歳代の女性の手記より(脱肛・入院手術・2009年春)

前回がいつだったか思い出せないくらい、久しぶりにお尻が痛くなりました。
「そのうちに痛くなくなる」 と思いましたが、今回はなかなかおさまらない。


ついにあきらめて、こちらの病院を訪れました。


少々緊張しながら診察を受けましたが、
院長先生のザックバランな応対に、緊張もやわらぎ手術を決断しました。


手術もなんだか なごやかな中 始まり、
麻酔で痛みもないので、恥ずかしながら ウトウトしてしまいました。


術後の痛みもほとんどなく、ホッとしました。


ただ、浣腸しても 便が2日間出なかったのが悩みでしたが、
それも1回出ると、不安もなくなりました。


この入院で、痔と排便の関係が とても大事だという事を知りました。


なんだか抵抗感のある浣腸でしたが、上手に付き合っていきたいと思います。


【 ドクターからのメッセージ 】


診察も、手術も、がんばるのは私達にまかせて、
患者さんは気楽にして頂くのが一番です。


便秘に対する治療は人それぞれですので、
ご自身で自分に合う方法をさがしてゆくのが、よいと思います。


そのためのヒントを差し上げることができればと考えています。


佐々木 巌



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


院内コンサートのご感想 vol.69

まずは、みなさん芸達者なのでビックリしました。


お忙しくて練習もままならないでしょうにと感心しました。


いつもは、先生と患者という関係ですが、
ちょっとそれを忘れて、先生方が身近な存在に感じました。


【 リクエスト 】


奇跡 (さだまさし)
ストーリー (AIKO?)
M (?)

30歳代の女性の手記より(脱肛・日帰り手術&短期入院・2009年春)

2才半の娘がいるので、日帰り手術を受け、2泊 3日で帰るのですが、
入院手術にしておけばよかったと、つくづく思います。


やはり、日帰り手術は痛い!
入院患者さんの 「全然痛くないよー。」 の声が、とてもうらやましく感じます。


時間に余裕のある方は、絶対 入院手術の方がいいです。
でも、日帰り手術も がまんできない痛みではないので、大丈夫です。


私は20代前半から痛みのあるイボ痔でした。


やはり若い頃は恥しくて、誰にも相談できず、
こっそりと 「ボ○ギノール」 をよく買いに行ったものです。


その頃は、痛んでも指で押し込むと おさまっていたので、放っておきました。


しかし 妊娠後期、はげしい痛みに苦しみました。


押し込んでも入らず、すぐ出てくるは、
治まったと思ったら、重いものや 散歩するだけで、また とび出るはで、
1週間 痛みに耐え、2~3日楽になったなと思ったら、また出てきて、
1週間程 また痛み・・・と、このループにはまり 大変でした。


更に出産時、今までで見た事もないくらい大きいイボが、多分 5~6個程・・・。
肛門がどこかわからないくらいでした。


痛みも半端じゃないのです!!
陣痛よりも、会陰切開よりも痛いんです!


私の場合、出産 = 痔の恐怖だったのです。


その時、産院の先生と看護婦さんに、
「今、手術しても 2人目の時も同じ事になるから、産み終るまで諦めて」
と言われ、2人目 産み終るまで、仕方ないかと思ってたんです。


で、2人目 作ろうかと思ってた矢先に、またまたイボ&激痛が!!


その時に、知り合いが こちらで手術したと言うのを聞いて、
即、診察してもらいました。


この知り合いに出会わなければ、まだ うじうじ悩んでいたと思います。
感謝 感謝です。 本当に。


その後の決断は早かったです。


みのり先生にも、「今、治療しておいたら、次の出産時 全然違うよ」
と言って頂き、その一言で即決です。


「手術して下さい!」 と。


まだ、2日目なので、これからどうなるのだろうと心配ですが、
ここで診てもらって本当によかったと思います。


みのり先生も気さくで 話しやすいし、看護師の方も みなさん親切で、
嫌な顔ひとつせず、いろんな事に対応して下さいました。


本当にありがとうございました。


まだ しばらくは通院するので、これからも宜しくお願いします!


最後に・・・、シャワー室もトイレもキレイで気もちよく過ごせました。
よかったです。


【 ドクターからのメッセージ 】


入院手術を受けられたお友だちに勧められての来院でしたね。
でも、この方が選択されたのは、入院手術ではなく日帰り手術。


痛みの覚悟をして受けた日帰り手術でしたが、それでも 痛いものです


2泊 3日で入院されて、まわりの患者さんたちは全員 入院手術を受けた人たちだったので、痛みの差を実感されたことでしょう。


でも、とても がまん強い方で、
「今の痛みより、お産のあとの腫れたおしりの痛みの方が、もっともっとひどかったので、
このくらいの痛み、全然 大丈夫です!」
と言われていました。


もともと痔を持っている人が、妊娠中や出産時に腫れ上がってしまうことは、
よくあるようです。


その痛みはお産の痛みよりもつらいと、皆さん 口々に言われていました。


そうならないために、妊娠前に痔の治療をしておくことで、
妊娠中の不安を取り去ることができます。


改装後に入院されたので、キレイなシャワー室・トイレを使用して頂きました。
満足して頂けて良かったです!


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ










院内コンサートのご感想 vol.68

入院中の患者の楽しみになり、良い企画だと思います。


佐々木 巌先生も みのり先生も、多才だなぁと尊敬しました。


お忙しい中、院内コンサートの為に練習し、少ない時間を割いて下さり
有難うございました。

30歳代の女性の手記より(裂肛・その他・入院手術・2009年春)

手術は痛くなく、会話もできる程 気さくな雰囲気です。
術後も思ったより痛みは少なかった。


痔に対する正しい知識を知ることができ、今後の便秘改善に意欲が出ました。


入院生活でお友達もできて、とても有意義な6日間となり 嬉しかったです。


病院の先生、スタッフの方々、みなさん、ありがとうございました


【 ドクターからのメッセージ 】


入院生活、とっても楽しそうでしたね


一人で悩むより 仲間がいるのは、治療上 心強いものです。
そして、このお付合いは退院後も、完治した後も、ずっと続くことも多いようです。


完治まであと少し! 頑張りましょう!


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


院内コンサートのご感想 vol.67

みのり先生、うた上手-!!


ゆうのちゃんも一生懸命歌ってる姿がとてもかわいかったです。


プロフィール

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。