患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

70歳代の女性の手記より(脱肛・入院手術・2008年秋)

20年近く前、よく見て下さる、よい病院(旧大阪肛門病院)として、
知人より聞き、おそるおそる来院する。


まず受付の方々の親切な応対に安心する。


そして、院長先生はじめ スタッフの方々は云うに及ばず安堵する。


それから 約10年を経て再来院した時も同様だった。


今回また、出血を見て、以前お世話になった病院を思い出し、
当診療所をおとずれた。


来てみて、2人の先生方の若くて、てきぱきした対応に安心感をもつ。


今回は以前と違って、脱肛症状をおこしていて手術してもらうことに決める。


手術も局所麻酔であったこともあるだろうが、手術中、話かけて下さり、
それに答えられるほど痛さはほとんどなく、
麻酔される時も、ピッピッと針で刺された痛さだけであった。


スタッフの方々もよく気がつき、どんなさ細なことにもやさしく話しにのって下さり、
便の出る時の恐怖もずいぶんやわらいだと思う。


手術後やはり一ばん気になることは、便の出る時のことだったが・・・


また、気になる食事は毎回 趣向のちがった楽しいもので、
一緒に食事している者をなごませてくれた。


入院前に思っていた悲愴感はじょじょになくなっていった。


【 ドクターからのメッセージ 】


当院のスタッフ、食事をおほめ頂き、ありがとうございます。


患者の皆さんの心配・不安を良く知っているのは、
医師よりもスタッフだと思います。


当院のスタッフは(私が言うのもナンですが)、本当に皆 優しいと思います。


一人一人形は違うけれど、思いやりを持って接してくれています。


入院された方々の一番印象に残ることのようです。


佐々木 巌



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


スポンサーサイト

20歳代の男性の手記より(痔瘻・入院手術・2008年秋)

まず、この度は院長先生・みのり先生をはじめ、スタッフの方々、
本当にありがとうございました。


正直、手術を決めてから かなり不安だったんです。


大肛のHPにあるブログを何度も見返したりして、
「自分の場合は、どうなんやろ? 術後痛いんかな?」 とか。


終わってから思い出すと、はずかしいぐらいの気の小ささ!
何も心配いりませんでした。


腰椎麻酔も、みなさんおっしゃっていた様に、本当に痛みもなく、
自分の場合は痔ろうが浅かったからなのか、術後もそれほど痛みませんでした。


先生の技術はもちろんですが、この病院特有の良い意味での ”ユル~い” 雰囲気が良かったのかなと思います。


「なんか 今は痛いけど、みんな笑いながら ”大丈夫そうですね”、て言うてくれはるから、大丈夫なんやろう。」 みたいな。


これって すごく大切ですよね。


今回入院というもの自体が初めてだったんですが、つくづくそう感じました。


完治まで、まだまだですが、これからも宜しくお願いします。


【 ドクターからのメッセージ 】


同じ病気の方ばかりの施設では、
「自分一人だけなんじゃないだろうか・・・」 という心配をしなくてすむというのも、
良いことのひとつだと思います。


あと、みなさん、術前は心配なものです。
これも、決して ”自分だけではありません” 。 ご安心下さい。


どうぞ相談して下さい。


代わることはできませんが、きっと安心できる何かが得られると思います。


佐々木 巌



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


20歳代の女性の手記より(脱肛・入院手術・2008年秋)

元々 内痔核はあったのですが、痛みはたまにしかなく、あまり気にはしていませんでした。


今回病院に行こうと思ったのも、新たな外痔核の痛みがひどかったからでしたが、
実際には、長年放っておいた内痔核の方が問題だとのこと。


しかも、全ての原因はお通じの悪さと聞いて、本当に驚きました。


まずはそこを変えていくことが第一ですが、
私の場合は手術もいずれはすることになるだろうとのお話で、
初めは妊娠・出産を考えたときに決めようと思ったのですが、
色々なタイミング等から、今受けることに決断しました。


手術に不安はあまりなかったのですが、急に受けると言ったので、
院長は驚かれたかもしれません。


でも最初に診てもらったのが院長でなければ受けていなかっただろうとは思います。


実際の手術は思っていたよりは術後の痛みもありましたが、
他の患者さんは全く痛みのない方も多く、それは本当に個人差だろうと思います。


受けて思うのは、どうしてもっと早く来なかったのだろうということです。


もっと早くおしりを労ってあげていればなぁ・・・ とはつくづく思いますが、
それでも はじめに選んだ病院がここであって良かったです。


手術・入院生活ともに、安心して受けることが出来ました。


本当に有難うございました。


【 ドクターからのメッセージ 】


手術の時期は、できるだけ個人の都合を考えてから決めることにしています。


もちろん、決断の早い方もおられます。


やはり、十分な納得が大切です。


納得できるまで、付き合わせて頂くように努力しています。


これからも、治療がんばりましょう。


佐々木 巌



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ



60歳代の女性の手記より(裂肛・外来治療・2008年秋)

私がこの病気(痔)になったのは、某百貨店の派遣店員の時でした。


開店してから急にお腹の痛みを感じましたが、私の売場は1人で、遅番が来ないと手洗に行けなくて、ガマン、ガマンで、やっと手洗へ行った時には、多量の出血を見ました。


後は肛門の痛みでした。


それから三年、一大決心で肛門科の診察を受け、週に一回で10ヶ月間診療に通院しましたが、仕事の都合で、なかなか行けなくなり買い薬で治療を続けましたが、毎日のお通じの時は心配と不安でした。


そんな時 知人の話しで、痔専門の漢方の薬はいいよと聞き、店に話しを聞きに行き、少しの間 様子見にと薬を取り寄せ治療をしたのが、11年間続きました。


が、完治に至らず、限界かと考え治療をやめました。


今回、2年前 治療を受けた姉の薦めで、またまた一大決心で診察にきましたが、気持がホットした感じです。


今迄、やってきた治療を受け入れて下さって、じっくり話を聞いていただきました。


嬉しかったです。


よし、もう一度頑張るぞ ---。


【 ドクターからのメッセージ 】


皆さん、色々な治療を試されてから、さいごに肛門科を受診されます。


それだけ、はずかしい という意味だということは良く理解できます。


もうひとがんばりして、こんどは本当に治しましょう。


このがんばりが報われる日は近いと思いますよ。


佐々木 巌



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ



30歳代の男性の手記より(痔瘻・膿皮腫・入院手術・2008年秋)

3年間 痔瘻で、ずっと痛さと膿とで悩んでいました。


そんな中、ホームページでこの病院を知り、とにかく診察だけでもと思い来ました。


診察をうけると、やっぱり (自分でもそうとう悪いと思っていましたが) だいぶ悪いと診断を受け、手術しかないと言われました。


車に乗るのも、いすに座るのも、歩くのも痛かったので、手術を決意しました。


手術までに約2週間ありましたが、その間 不安と緊張とで、正直 仕事もあまり身につかなかったように思います。


手術当日、緊張と、頭の中で想像ばかりが先行して、ものすごく 《ナーバス》 でした。


とくに、私の場合は朝 9時に来て、手術が始まるのが午後 3時ごろでしたので、
その間が長かったせいで、なおさらそう思ったと思います。


いざ手術室についても、まだ逃げ出したい気持ちでいっぱいでした。
《痛がりで、こわがり》 の男だからです。


ただ、パンツを脱いで手術台にのったとき、こんな私でも さすがにあきらめがつきました。


腰椎麻酔をする体勢になり (エビみたいに、背中を丸くする)
痛みは、 ”チクッ” とくるぐらいでした。


とてもうまく、一発で麻酔をしていただけたと思います(笑)


(先生のコメント : この方の麻酔は苦労しました。すみませんでした。)


それからは、麻酔が効いて、まったく痛みはなかったです。


手術中、先生方や看護師のみなさんが声をかけていただけたので、
不安感はなかったです。


あの、メスを使うまでは・・・(笑)


(先生のコメント : 電気メスを安全に動作させるのに少しお待ち頂いたのですが、
この時間 心配されたようです。すみませんでした。)


それでも無事手術も終わり、術後、痛みも想像より少なかったので、
夕食も完食できました。


手術時間は当初よりオーバーしましたが、体力、気力、ともにノープロブレムでした。


入院生活も、食事もとてもおいしかったですし、痛みもほぼなかったにひとしいほどでしたので、7泊8日でしたが、長くて短かったような気がします。


最後に、院長先生、みのり先生、看護師さん、スタッフの皆さま
ほんとうに ”ありがとう” ございました。


まだ、完治までは先は長いですが、宜しくおねがいします。


皆さま、おしり ”おいど ” だけは 大事にしましょう!


【 ドクターからのメッセージ 】


終わってみれば大変お元気でしたので、安心しました。


厳しい病状でしたが、手術もうまくゆき、あとは通院での治療です。


がんばりましょう。


佐々木 巌



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ



30歳代の女性の手記より(脱肛・入院手術・2008年冬)

『 入院手術、受けてよかった!! 』


初めて症状でてから 4年・・・


初めて受診してから 1年・・・


1人で悩み・・・悩み・・・ ウツウツとした毎日でした。


先生の 「入院手術なら、年内に治っちゃいますよ。」 というひと声で、
突然 入院をその日に決めてしまいました。


治療のこと、経過のこと、お金のこと、入院生活のこと、悩み多い入院前に比べ、
手術し、たくさんの不安が一気になくなり、大変感謝しています。


入院への抵抗ありましたが、やはり同じ悩みもつ同志との話しや関わりで ずい分楽になったし、本当 入院で良かったと心から思います。


こわい手術当日、これでもか!! という程の痛み止めと安定剤のおかげで、
手術翌日から すっかり元気になりました。


先生はじめ、やさしく対応してくれた看護師さん、同室者の方、
そして 同じ入院期間すごした仲間たちに感謝・感謝で退院します。


本当にありがとうございました。


【 ドクターからのメッセージ 】


とっても楽しそうな入院生活でしたね


心許せる仲間ができるのも入院ならでは。


完治まで、あと少し!


一緒に頑張りましょう!


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ



院内コンサートのご感想 vol.37

院内コンサート、とても楽しみにしていました。


予想以上に・・・120%楽しかったな~。


みのり先生の響き渡る声、おださんの甘く優しい声、ピアノの演奏、全てがステキでした。


患者の私達の方が盛り上がり、先生方を返さなくて、大変な思いをさせてしまったな・・・と思いつつも、コンサートを思い出すと、今でもウットリです。


楽しい企画、ありがとうございました!!


そしてそして、何より かわいい2人のポニョ、よかったですョ~最高


【 リクエスト 】


昨日のコンサートでは 「冬が来る前に」 や、演歌の 「つぐない」 などを入れられてて
世代を超えた年齢層が楽しめる様に企画されているんだな~と感じました。


でも 「冬が来る前に」 や、演歌の 「つぐない」 の20~30年前の曲は、
60才以上の患者さんにとっては、まだ新しい曲に入ってしまうのではないかと思いました。


若い人でも知っている 超なつメロを入れられてはいかがでしょう。


60才以上の人も、もっと楽しんで頂ける様な気がします。


<例>
フランク永井 = 有楽町で逢いましょう
石原裕次郎 = 夜霧よ今夜もありがとう
美空ひばり = 真赤な太陽
笠置シズコ = 東京ブギウギ  などなど


昭和初めの歌もいいかも・・・と思います。


ピアノ演奏でナツメロもいいかも


私のリクエストは 「魅惑のワルツ


院内コンサートのご感想 vol.36

歌、ピアノ、すべてにおいて とても楽しい時間をすごさせていただきました。


これからも、ず-っと続けていってください。


ちなみに、みのり先生の声量はすごかったです!


【 リクエスト 】


院長先生、みのり先生、共に ”楽しい” & ”おもしろい” 人なので、
夫婦漫才なんていかがですか?


芸名 : 『 男いど ・ 女いど 』  (おいど・めいど) なんて、どうでしょう(笑)


二人そろって、入院患者さんを大爆笑のうずで笑わしてみれば (肛門、痔、うんこねたで)  絶対最高ですよ・・・!


なお、苦情は一切 受け付けておりません。 あしからず・・・。







院内コンサートのご感想 vol.35

みのり先生、歌上手です。 足も超細い!!
子どもの歌もかわいくてよかったです。


テレサ・テンから サザン、福山など、あきのこない選曲で、
老若男女問わず、楽しめました。


ピアノの方もすごく上手で最高です。


暗くなりがちな(?) 入院生活にも とても良いと思います。
楽しかった~ (当日のお弁当はおいしくなかったですけど・・・)


食後にコーヒーや紅茶が飲めるのもうれしかったですね。


みのり先生、才色兼備です。 足細い!! ( ← しつこい・・・?)


【 リクエスト 】


ピアノの方の単独での演奏が何曲かあっても いいかもです。


ピアノの音色もお尻に優しくしみわたります(笑)


みのり先生の歌は今のままで十分最高だと思います。


院内コンサートのご感想 vol.34

主人に誘われて来させていただきました。 素晴らしいの一言です。


とてもすてきなお声、とてもお上手なピアノ
またたく間の夢心地にさせていただいた一時でした。


ありがとうございました。


コンサート、ずっとこの先も続けて下さることを祈っております。

20歳代の女性の手記より(脱肛、痔瘻、入院手術、2008年秋)

5泊 6日 お世話になりました。

本当は来年の春か夏に手術を受けようかと思っていましたが、
思いきって早くして良かったです。


私は手術よりも、術後 激痛だったらどうしようと心配していましたが、
思っていたよりも痛くなく、ほっとしました。


院長先生、みのり先生、看護師のみなさん、
本当にありがとうございました。


みなさんが優しく接してくださったので、恥ずかしさも吹っ飛び、
快適な入院生活を送ることができました。


それから、仲良くしてくださった入院患者のみなさん、
食事の時間、みなさんと話をするのがすごく楽しかったです。


これからは便通の管理や食生活等、気をつけていきたいです。


まだ、通院でお世話になりますが、よろしくお願いいたします。


【 ドクターからのメッセージ 】


皆さん、手術後の痛みを心配されます。


「痛くないよ」 というタイトルをつけておきながら何なんですが、
やっぱり手術したら痛いですョ


「全く痛くない」 なんて、ありえないですし、
そんな夢のような話はウソだしサギだと私は思っています。


ですから、いつも手術の説明の時には
正直にお話しするように心がけています。


痛みには個人差があります。


やってみないと分かりませんが、
痛みにも耐えれない痛みと、耐えられる痛みがあります。


入院手術は耐えられる痛みだと思います。
もちろん、少しでも痛くないよう、色々な工夫をしています。


どんな痛みでも、一生続きません。
おしりが治ったら、痛みはなくなります。


それまで、もうしばらくお付き合い下さい


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ




院内コンサートのご感想 vol.33

ラストソング&アンコール(?)、思いっきり楽しませていただきました。


「真夏の果実」 とっても素敵でした。
デュエット、いや~素敵です


「ぽにょ」 カワイかったデス!


まだまだ ず~っと聴いていたかったです。


院外コンサート楽しみにしています♪
是非、土日で! (平日は遅くまで仕事なので・・・)


ピアノソロ いや~ぁよかった~
生はやっぱり迫力ありますネ!!


春にコブクロの 「さくら」 が聴きたいです。 「桜坂」も・・・


【 リクエスト 】


クリスマスソング特集


ロッヂで待つクリスマス(荒井由美)
ホワイトクリスマス
ラストクリスマス(ワム)
クリスマス・イブ(山下達郎)
戦場のメリークリスマス




院内コンサートのご感想 vol.32

みのり先生やおださんの歌も、とっても素晴らしいですが、
ピアノ伴奏がまたとっても素晴らしいです。


すてきなひとときを本当に有難うございます。


【 リクエスト 】


スコール、三日月


院内コンサートのご感想 vol.31

家族退院後でしたが、一緒にお邪魔させていただきました。


楽しかったです。


院長先生の演奏がきけなかったのは、ちょっと残念!


院内コンサートのご感想 vol.30

今日は、リーダー欠席だったのですね。残念です。


ゆうのちゃんとゆいちゃんの「手紙」、カワイイかったデス


スマップの「夜空のムコウ」、オダさんの甘い声はやっぱりステキでして
一人でもオダップでした。


そして、みのり先生の高音、本当にスキです。


これからも、誰よりも「みのり先生の高音」を愛します


サプライズのピアノだけの演奏もすご~い感動しました。
(ふじせきさん、ありがとうございましたぁ


チームOK 最高!!


いつも、楽しい時間をありがとうございます。


【 リクエスト 】


また来月 クリスマスソング 楽しみにしていますぅ


院内コンサートの vol.29

食事中に始まったので、気を使わない様にと看護師さんからの言葉がありましたが、
ちょっと食事がのどを通りにくいなぁ・・・と思いました。


でも食後は、楽しく聞かせていただきました。


子供さん達も可愛かったし、本当に病気を忘れました。


ありがとうございました。


院内コンサートのご感想 vol.28

楽しいひと時を過ごさせていただき有難うございました。


みのり先生のすばらしい歌唱力には感激しました。
なんと多才な方と更に尊敬が増しました。


ピアノの先生も同様です。
特にリクエスト曲の演奏には感動しました。


院内コンサートのご感想 vol.27

子ども達の歌も、先生の歌も とても良かったです。


手術後だという事も忘れ、楽しませて頂きました。


食事しながらだと、やっぱり どうしても聴き入ってしまって、
食べにくいなァと思いました。


素敵なイベントなので、これからも続けて行ってくれたら患者さんも喜ぶと思います

70歳代の女性の手記より(外来治療・2008年秋)

何十年も前に主人が手術して頂いて大変よかった。


私は初めての事、主人がTELで確認、予約してくれて
本日すぐ診察して頂き有難うございました。


看護師さん、とても分かりやすく、親切に説明頂き
大変有りがたく思いました。


【 ドクターからのメッセージ 】


ご主人が手術を受けられたのは、先代の院長の時だったようです。


当院は まもなく創立100周年を迎えます。


何十年も前に手術を受けられた患者さんが来て下さることは
本当にうれしいです。


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


院内コンサートのご感想 vol.26

ブログの方にみなさん感想書かれていましたが、
本当にすごいですね。


みのり先生の歌唱力におどろきました。


あのこぢんまりした部屋(失礼)でやるのがもったいない!


お尻が痛くない時にゆっくりと聞かせてもらいたいですね。


プロフィール

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。