患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40歳代の女性の手記より(脱肛・外来治療・2008年夏)

激痛で来院しました。


やっぱり専門医の先生だなあと安心しました。


ムダのない説明、的確な処置、ありがとうございました。


【 ドクターからのメッセージ 】


安心して頂けて良かったです。


肛門科しかやっていないので、他のことはよく分かりませんが、
肛門のことに関しては、ある程度の自信はあります。


困ったことがあれば、いつでもご相談下さい。


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ



スポンサーサイト

20歳代の女性の手記より(外来治療・2008年夏)

先生もきさくな方で、とても親しみやすかったです。


病院の雰囲気とか、臭いとかで、診察前 不安を感じたりもしましたが、
診察中はわりと平常心でいる事ができました。


おもいきって、来てみてよかったです。


【 ドクターからのメッセージ 】


オーソドックスな病院のたたずまいと思っているのですが、
はじめて来られる方には、少しコワイ印象を与えてしまうようです。


もうちょっと入りやすい雰囲気になればよいと思いますので、
今後計画してゆこうと考えています。


診察を受けて頂ければ、決してコワくないことが分かって頂けるとは思うのですが・・・


佐々木 巌



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ



30歳代の女性の手記より(裂肛・外来治療・2008年秋)

いぼ痔かと思って悩んでいたのですが、切れ痔で手術も必要なく、良かったです。


出産で更にひどくなっているのではないかと、怖くて仕方なかったです。


早目の処置が大切なんだと思います。


勇気を出して来院して良かったです。


浣腸とお薬で頑張って治療します。


ありがとうございました。


【 ドクターからのメッセージ 】


患者さんの自己診断は、まちがっていることが多いです。


ネットで病気について色々と調べ、不安を大きくしている方もおられます。
その病気であるかどうか分からないのに・・・


本当に思い込みって、こわいですね。


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ



20歳代の女性の手記より(裂肛・外来治療・2008年秋)

不安に思っていた事が、先生の分かり易い説明で
ちゃんと理解できたので、すっきりしました。


【 ドクターからのメッセージ 】


気持がスッキリして良かったです。


これからは、便もスッキリさせるよう がんばりましょう


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ




院内コンサートのご感想 vol.16

おださん、スゴイ。


おださんの声、甘い。


同じ入院患者として、ほこりに思います。
これからも、がんばって下さいね。


みのり先生のハリキリ、すてきです!!


院内コンサートのご感想 vol.15

院長先生を始め ファミリーの皆様のアットホームな御家庭をのぞいた様な温かさが伝わり、又、子供さんやみのり先生の美しい歌声に感動致しました。
(院長先生のベースや歌も・・・)


もう少し院長先生のギターとソロのお歌をお聞きしたかったと思います。


手術してから、まだ何分位しかイスに座っていなかったので、
1時間以上は少しおしりが痛くなりました。


夜中2時頃まで痛くて上向きには眠れず、右向き左向きと横になり
おしりに力を入れない様にしながら何とか眠れました。


院内コンサートのご感想 vol.14

とても良かったです。


私も音楽ができればいいなぁと思いました。


院長さんのベースも初心者と思えず!


また来ます。

院内コンサートのご感想 vol.13

おださんの美声に感動しました。
みのり先生との「スコール」 「いとしのエリー」 最高でした!!


ゆうのちゃんの「青い珊瑚礁」も可愛かったです♪♪


また 次もぜひ、聞きにきたいです!!


20歳代の女性の手記より(裂肛・2008年秋・外来治療)

毎日、便をしているので 自分が便秘だとは思わなかった。


そして、いぼぢだと思ってたけど、きれぢだったので安心。


【 ドクターからのメッセージ 】


そうなんです  思いこみって こわいですね・・・。


毎日便が出ているので、私は快便!
と思っておられる方も多いです。


また、自己診断がまちがっていることも多々あります。


まずは正しい診断ありきです。


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ




50歳代の女性の手記より(脱肛・入院手術・2008年夏)

おしりに悩みをかかえて30年、ふとしたきっかけで、知人の紹介により
こちらで手術をしていただく事になりました。


最初はもっと痛くて、出血もひどく 夜も眠れるのかな?
とか、あれこれ考えておりましたが、少し麻酔の注射がチクッと痛いだけで、
その他は 1日目の排便後のウォシュレットで洗う時にピリッとしただけで、
相当の覚悟をしてまいりましたが、ウソの様です。


先生も看護婦さんやスタッフの方々がとても明るく、やさしく、親切で
とても安心して入院する事が出来、今はホッとしております。


毎日の排便の大切さをみのり先生から教えていただき、
これからは先生の言われた事をよく守り、
日々の規則正しい生活を過ごしてまいりたいと思います。


今悩んでおられる方には、色々考えるより、
まず勇気を持って早いうちに来られる事をぜひおすすめします。


スッキリ! サッパリ! こちらに来てよかった~~!! Good!!


【 ドクターからのメッセージ 】


長年 悩んでこられたからこそ 治った後の快適さもひとしおですね!


麻酔も、手術も、術後も 大した痛みもなくて良かったです。


完治まであと少し! 頑張りましょう。


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ




30歳代の女性の手記より(血栓性外痔核・外来治療・2008年秋)

手のかかる2歳児と授乳中の赤ちゃんがいる生活で、
もし手術になったらどうしようとか、お薬は大丈夫かなと、
とても心配で不安な毎日を送っていたのですが、
実際、診察して頂いたら手術も必要なく、ぬり薬だけで大丈夫な状態のものだと分かり、
すごくすごく うれしくて痛みも前ほど気にならなくなりました。(笑)


勝手にひどい痔をわずらってると思い込むのは良くないですネ。
とにかく勇気を出して受診して良かったです。


心も体も軽くなって帰ることが出来ます。本当にありがとうございました。


【 ドクターからのメッセージ 】


くら~い 顔をして来られた患者さんが、Happy になって帰って行くこと、
これが私たちの願いであり、常に心がけていることです。


血栓性外痔核は手術をしなくても治ります。
でも、あまりにも見た目と症状が派手なので、皆さん手術を覚悟して来られます。


そして手術は必要ない、ひどい痔ではないと分かると、
とたんに元気になって帰って行かれます


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ




40歳代の女性の手記より(脱肛・入院手術・2008年夏)

長い間、人知れず悩んできた痔・・・が、こんなにも簡単に解決してしまうなんて!


手術前の検査の時、看護婦さんが、
「入院中、皆さん仲良くなられるようですョ」って言われたけど、
心の中では、「診察に来るのさえ、コソコソと、やっとこれたぐらいなのに、
見ず知らずの人と、仲良くなるなんて・・・」って、思ってました。 が、本当でした!


他のメンバーでは、とても言えない話を、しかも食事中、みんなで暴露しあい、
ものすごく盛り上がりました!


おしりの話以外にも、それぞれの悩み相談、人生相談にまで発展し、
本当にいろんな人の、いろんな話が聞けて、本当に濃密な時間を過ごせました(笑)


院長先生、みのり先生、お子さんたちの、アットホームな雰囲気にも、
とても、あったかい気持ちになりました。


入院中の方々を見てると、本当に、痛みとかには、個人差があるんだなって思いましたが、幸いにも、私には特にひどい痛みもなく、退院の日を迎えることができそうです。


本当に、ありがとうございました!


【 ドクターからのメッセージ 】


そうですよね・・・
他人に普通 おしりの話なんて できませんよね・・・


ところが・・・!


ここでは堂々と、しかも大声で 周りをはばからずにできるんです!


それも専門の施設ならではだと思います。
だって、周りの人たちは、み~んな自分と同じ病気!なワケですから


そして、一番恥ずかしい部分をさらけ出した仲間だからでしょうか、
普通の友達とは違って、何でも話せてしまうようです。


まさに、「人生の友」 です。


このお付合いが、一生涯続くことも珍しくないようですョ


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


プロフィール

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。