患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40歳代の女性の手記より(脱肛・外来治療・2008年春~夏)

何度か診察して頂いておりますが、
先生のご対応には、いつも気持ちが明るく安心させてもらい、
暗い気持ちもふっとびます。


この先生なら……と、思いますし、
「いざ」 というときに、この先生がおられることが、
患者さんたちにとっても、何よりも心強い有難いことになると思います。


先生、これからもがんばって下さい。


【 ドクターからのメッセージ 】


一人で悩むのは辛いと思います。


ご自身の状況が分かるだけで、気持ちが楽になることは多いですし、
楽しく生活することが治療の目標です。


一緒にがんばりましょう。


佐々木 巌



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


スポンサーサイト

60歳代の女性の手記より(脱肛、出血・入院手術・2008年初夏)

45年前に痔の手術をしました。


その時の痛さが忘れられず、もう二度と痔の手術だけはしたくないと思っていたのに、
食物の不摂生の為か、体質の為か、再発してしまいました。


塗り薬と飲み薬で治療していたのですが、出血が酷くなってきて、
その上、痔が中に入らなくなったので、仕方なく手術をする決心をしました。


あの時の痛さを思い出しては、手術の日まで溜め息の毎日、
大げさですが、覚悟をしてその日を迎えました。


なのに、なんと 「チク」 とするだけで (普通の注射するより痛くないです)、
後は全く痛くなくて、30分程で終わりました。


今は昔と違って、手術の仕方も処置も簡単です。


「案ずるよりも生むが易しです」 とはこのことですね。


術後は、尿管を尿道に通しているのですが、おしっこが出そうで、不快でした。


最初の大便の時は痛かったです。
これは私だけの場合ですが、中には全然感じなかった人もおられます。


でも結論として、痛くても痛くなくても、この先、笑いが待っています。


そう思うとがんばれます。


院長先生、みのり先生、看護師の皆様、その他の方々の笑顔と優しさと親切が、
大いに助けとなりました。


この治療所(治療院)に出会えたこと、最高に幸せと感謝で一杯です。


皆様有りがとうございました。


【 ドクターからのメッセージ 】


今と昔とでは、麻酔も手術も随分 違っているようですが、
痛くないのが良い手術とは限りません。


大切なことは、肛門の機能を損なわず、きちんと治ることです。


そういう意味では、すごく痛かったかもしれませんが、
昔、受けられた手術は悪くなかったと思います。


でも、一度手術したからと言って、二度と痔にならないわけではなく、
肛門に負担をかけていると、また痔になってしまいます。


ですから、これからも便通に気を付けて
肛門を大切にして下さいね! (^-^)


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


20歳代の女性の手記より(外来治療・2008年夏)

恥ずかしくない工夫がされていて、診療も受けやすかったです。


付いているテレビも楽しく見れて、リラックスできました。


ありがとうございました。


【 ドクターからのメッセージ 】


待合室は男女別にパーティションで仕切っています。


患者さんのプライバシーに配慮して、氏名ではなく番号札での呼び出し、
診察室は完全個室など、少しでも恥ずかしくないよう、色々な工夫をしています。


リラックスして頂けて良かったです(^-^)


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


20歳代の女性の手記より(脱肛・外来治療・2008年春)

痔というと… 恥ずかしいと思っていたが、
肛門科をススメてくれた友人も痔持ちということで、
女性なら誰か1人は居るんだ、とホッとしました。


将来の不安もあって、思い切って来ました。


女医さんがいるということが、安心の1つでした。
(男の人に見られるのは、やはり抵抗もあるので)


自分では、すっごく悪い病気? と思っていたら、
手術(今は)は要らないのと、状態を知る事ができて、
胸のつかえがとれました。


来てよかった… と思います。


又、状態がひどくなったら、行こうと思います。


痔? お尻おかしいかも! って思ったら、すぐ肛門科受診がイイですね。


友達にも話していこうと思います。


【 ドクターからのメッセージ 】


痔は決して恥ずかしい病気ではありません。


そして、来られた方は皆、女性患者さんの多さに驚かれます。


しかも、若い女性が多いです。


もちろん、痔だと思っていたら、痔ではなかった!
…という患者さんも多いです。


気軽に受診できる肛門科でありたいと願っています。


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


80歳代の女性の手記より(脱肛・外来治療・2008年春)

今日、思い切って来ました。


恥ずかしいのと思い切りがつかず、
何処の先生がよいやら分らなくて探していた所、
子供が聞いて来てくれて、お宅の先生にと。


実は、転んで…
一生のうちで、初めて背骨の骨が真直ぐにならないまま、電話だけでもと思い、
電話して今日の予約となりました。


まだ歩けないのですが、何とかたどり着きました。


私一人では田舎者で、道も聞いて来られませんでした。


今度の時迄に道を覚えて来れる様、頑張ります。


【 ドクターからのメッセージ 】


何歳になっても、恥ずかしい気持ちは同じです。


また、ご高齢でも安全に行える手術もあります。


90歳近い方でも、お一人で元気に通院されている患者さんもおられます。


通院することが良い運動、気分転換になればいいですね!


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

50歳代の男性の手記より(その他・外来治療・2008年夏)

アドバイスをいただき、安心できました。


【 ドクターからのメッセージ 】


お役に立てて良かったです。


いつでも気軽にご相談下さい。


佐々木 巌



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

80歳代の女性の手記より(直腸脱・外来治療・2008年春)

思い切って専門の先生に診ていただいて、ていねいな説明をしていただき、
気持ちがスッキリしました。


良い先生を御紹介いただけるとの事で、良かったです。


ありがとうございました。


【 ドクターからのメッセージ 】


痔ではなかったので、専門の先生をご紹介させて頂く形となりました。


何の病気か分からない、何科を受診すれば良いのか分からない…
と言った場合にも、ご相談下さい。


佐々木 巌



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


50歳代の女性の手記より(脱肛・外来治療・2008春)

こちらで手術をして頂くにあたって、
信頼してお願いできるという確信を感じました。


よろしくお願い致します。


【 ドクターからのメッセージ 】


信頼にお答えできるようにがんばりたいと思います。


身の引き締まる思いです。


ご感想を頂き、ありがとうございます。


佐々木 巌



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


30歳代の男性の手記より(外来治療・2008年春)

これまで総合病院で診てもらっていたが、なかなか完治しないので、
インターネットで調べて来ました。


先生の話はていねいで、直腸に便が残る場合がある事を初めて知りました。


又、フロで尻を洗いすぎるのも逆効果という事も知り、
誤った認識を持つのは危険だと感じました。


手術は必要ないとの事でしたが、
とりあえず、言われた通りの方法で改善をめざしたいと思います。


ありがとうございました。


【 ドクターからのメッセージ 】


大切なのは、不快感の原因を考えて取り除くことです。


手術はやっぱり 「最後の手段」 なのです。


がんばりましょう。


佐々木 巌



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


20歳代の女性の手記より(痔核・入院手術・2008年春)

今までの通院を通して、みのり先生やこの病院にお任せしたら大丈夫だと思えていたので、入院や手術は初めてのことでしたが、さほど不安を感じることもなくいられました。


手術後の診察やトイレでは痛いこともありましたが、
先生方を初め、看護師さんが優しく接して下さったのが救いでした。


どの看護師さんも話しやすい雰囲気を出して下さっていて、
親切で、気が楽に過せました。


事務の方や、毎日お食事を用意して下さったり、お掃除をして下さったりする方、
皆さんが本当に優しく接してくれるのが、ありがたかったです。


【 ドクターからのメッセージ 】


今回の入院患者さんたちは、おとなしい方が多かったせいか、
とっても静かで、ちょっと心配になりましたが、満足して頂いていたようで安心しました。


優しい看護師さんは当院の自慢です。


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


60歳代の女性の手記より(外来治療・2008年春)

早目に受診して良かったです。


(心配しましたが、別に治療しなくて良いとの事でしたので)


【 ドクターからのメッセージ 】


皆さん、なぜか 「手術をされる…」 と思って来院されるのですが、
手術どころか、痔ですらなかった…


なんていうケースも多々あります(^-^)


あまり最初から 「痔」 とか、「手術」 とか決めつけず、
気軽に受診して下さいね(^-^)


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


60歳代の女性の手記より(いぼ痔・外来治療・2008年夏)

不安に思っていましたが、なかなか勇気がなく、
主人にホームページで調べてもらい、思いきってTELしました。


受付の方にとってもやさしく応対して頂き、
先生にもゆっくり、やさしく診察して頂き、本当によかったです。


まわりにも痔で悩んでいる友がいますので、
話して安心し合えたらと、うれしい気持ちで帰れます。


有難うございました。


【 ドクターからのメッセージ 】


来られた患者さんが、ハッピーになって笑顔で帰られること、
これが私たちの願いであり、目標です。


不安な気持ちがうれしい気持ちに変わり、良かったです(^-^)


患者さんの笑顔は私たちの仕事の原動力です。
このようなコメントをいただくと、私たちもうれしいです。


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


30歳代の女性の手記より(かゆみ・外来治療)

ありがとうございました。


丁寧で、分かりやすい説明で、看護婦さんも親切でした。


女性の先生で、本当に良かったです。


【 ドクターからのメッセージ 】


「女医だから」 ではなく、 「みのり先生だから」 良かった!
と言ってもらえるよう、頑張りまーす (^-^)


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


30歳代の女性の手記より(脱肛・外来治療)

ありがとうございました。


不安が解消されました。


女性の先生だから、来ることができました。
来れて良かったです。


事務(受付)の方が、とても優しい対応で、本当に安心できました。
ありがとうございました。


【 ドクターからのメッセージ 】


「女性の先生だから」 という理由で来院される患者さんも多いです。


でも、大切なことは 「女医かどうか」 ではありません。
(女医の私が言うのも何ですが…)


「女医」 にこだわる患者さんに、よくお話させて頂くのですが、
あまり女医にこだわりすぎると、大切なものや本質を見失ってしまい、
患者さんが損をすることだってあります。


でも、病気が病気なだけに、場所が場所なだけに、男性医師には見せたくない!
と思われるお気持ちも、女性としてよ~く分かります。


でも、女医選びも慎重に!!(^-^)


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


プロフィール

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。