患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10歳代の女性の手記より(脱肛・入院手術・2008年春)

院長先生、みのり先生、看護婦さんのみなさん (って古いでしょうか?)
大変お世話になりました。


はじめてこの病院に来たときは、ちょっとドキドキでしたが、
診察を受けてみると、みのり先生はすっごく明るくて、
不安な気持ちがだいぶ楽になりました。


思えば、はじめてお尻の異変に気がついたのは中1の夏のプールの時でした。


プールの授業の時に、お尻から何かぴっと出てるなぁ~と思っていたら、
夏休みにはお尻が痛くなってきました。


今考えてみれば、その「ぴっ」と出ているヤツは小学校の頃からあったような気もしますが、それが当たり前だったので特に気にしていませんでした。


夏休みの吹奏楽部での合奏、マーチングの時など、
硬いイスに座っていても、動いていても、イタイ…と思っていました。


あの頃はすっごく辛かったです。


それからしばらくすると、痛みはなくなり、お尻が痛かったことも忘れて楽しく年を越しました。


…が、やはり放っておいても治らないのが、この病気。


またもや、ヤツが現れ、あの痛さが来たり… 治ったり… 来たり…


という訳で、もうやっちまえ-っていう感じで手術へ…。


術前検査ではじめて院長先生に会ったときは、
「明るっ!」 「テンション高っ!」 と思いました。


でも、院長先生もみのり先生も頼れそうだなと思ってました。


そして手術当日、さすがにちょっとは緊張しましたが、
「ま、大丈夫かっ」 と気楽な気持ちで待っていました。


手術のときは、注射がちょっと痛かったですが、
麻すいがきいてからは、「何かやってるのかな?」 「まだかな?」 っていう程度で、
まったく痛みはありませんでした。


先生に 「もう何かやってますか?」 って聞いても
「それは答えられへんな~」 みたいな感じで、あっというまに終わってしまいました。


終わってから、切ったモノを見せて下さいましたが、
正直、あれ、見せてくれない方がよかったです。


しかも、写真まで…(゚ー゚ ;)


でも、ツメと髪の毛以外切り取られたことがない私にとっては、
長年つれそった(笑)体の一部が無くなったのはちょっと寂しいような…
って、そんなワケありませんが。


手術後、麻すいがきれた後は、さすがに痛かったですが、
次の日、おしっこの管が抜けたら、もう元気ばくはつでした!


入院中は… 大分ひま… でした…


でも、みのり先生の歌や、娘さんたちのピアノ演奏はすごく楽しめました。


院長先生のギターもステキでした。


患者の中では一番年下の私でしたが、みなさんやさしくて、
とても楽しい入院生活でした。


先生方にはとても感謝しています。


本当に有難うございました。


デュエットのイラスト

(みのり先生と院長先生のデュエット、ステキでした)


これからも、がんばって下さい。私もがんばります。


【 ドクターからのメッセージ 】


この入院期間中、最年少でしたね!


なのに、と~ってもしっかりされていて、度胸もあって、我慢強く、
スタッフも、まわりの患者さんたちも感心されていました。


入院中、確かに暇そうでしたね。。。
でも、暇だと感じられるのは、痛みが少なく経過が良いからです。


コンサートも楽しんで頂けて良かったです。
機会があれば是非、参加して下さいね!


これからも、クラブ活動に、勉強に励んで下さい。


夢はあきらめずに追い続ければかないます。
夢に向かって頑張って下さいね!


応援しています。


佐々木 みのり




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ
スポンサーサイト

40歳代の女性の手記より(痔核・入院手術・2008年春)

手術や注射はたくさんの方が書いておられる様に、
覚悟してたほど痛くはなかったです。


手術後の排便時と、排便後が痛かったのですが、
それも飲み薬で治りました。


案ずるより…って、ことわざ通りかなと思いました。


『ご入院のしおり』 という、かなり詳しく書いていただいている冊子を一冊いただき、
入院生活も、あまり迷うことなく過ごすことができました。


手術の翌日くらいから、外出OKなのですが、
もし、しおりに、病院付近のもう少し詳しい地図があったら、
さらに、よかったかなと思います。


先生、看護師さん、受付の方、食事やおそうじのお世話をしてくださる方、
皆さんが親切で、ていねいで、感謝しています。


ありがとうございました。


【 ドクターからのメッセージ 】


「近隣マップ」 は現在、検討中です。


おいしいお店、観光の名所などが多い地域なので、
入院中に散策されると良いかもしれませんね!


佐々木 みのり




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

30歳代の女性の手記より(脱肛・外来治療・2008年春)

親切に診察して頂きありがとうございました。


初めてでしたが、安心して診察を受けることができました。


【 ドクターからのメッセージ 】


受診するのに非常に勇気のいる「肛門科」ですが、
一度来られると随分安心されるようです。


明るく楽しい肛門科を目指して頑張ります。


佐々木 みのり




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

40歳代の女性の手記より(外来治療・いぼ痔・2008年春)

病気の症状をとてもわかりやすく説明いただき、少し安心できました。


先生も看護師さんも親切でしたので、思い切って受診して良かったです。


症状が思ったより重いので、近々、手術を考えたいと思います。


【 ドクターからのメッセージ 】


「手術が必要」 と言われても、
「絶対にしなければならない」 ということはありません。


「手術をしない」 という選択もあっていい… と私は考えています。


「手術をしたい!」、「手術をしよう!」 と思われた時が、
手術をするタイミングでいいと思います。


決心が付いたら、いつでもどうぞ。


佐々木 みのり




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

40歳代の男性の手記より(外来治療・2008年春)

他の病院の6人の先生から、”痔ろうである”と言われただけで、
細かい説明はほとんどなく、たまに言う事も違っていて不安でしたが、
佐々木先生は、しっかりと説明していただいたので安心しました。


又、”手術手術…”と他の先生から言われ続けてたので、
もしかしたら、”痔ろうでないかも知れない”
と言われたことはビックリしたのと、嬉しかったです。


ありがとうございました。


【 ドクターからのメッセージ 】


肛門周囲の病気は診断が難しく、迷うことが少なくありません。


できるだけ正確にお伝えしようとした結果、
複数の病名をお伝えすることもあります。


結果として、手術以外の治療で治る可能性も出てきたということです。


病状が軽ければ良いですね!


佐々木 巌




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


30歳代の女性の手記より(脱肛・入院手術・2008年春)

とても楽しい入院生活でした!(入院初体験ですが)


手術当日は痛みがつらくて、
こんな状態で明日から大丈夫だろうかと とても心配でしたが、
翌朝からは普通にイスに座ることもでき、
術後とは思えないほど食欲も旺盛で(笑)、
前夜の痛みはかなり軽減されていました。


朝食後には自力便も出て、排便時の痛みも想像よりはるかに少なく
(父も痔の手術を昔した事があり、その時の話を聞いていたので…
もちろん他の病院です。)、
かなりホッとしたというか、驚きました!!


また、食事もおいしいし、毎日ご飯の時間が楽しみで
食後のだんらんも日課のようになって
「佐々木荘」で共同生活をする住民のような気分でした(^-^)v


3日目からは外出もできるので、毎日家にお風呂に入りに帰ったり、
普段忙しくて出来ない用事を済ませに行ったりと
なかなか有意義で快適な時間を過ごす事ができました!


院長先生も みのり先生も気さくで話しやすくて、スタッフの皆さんもとても親切で
ホントにこの病院にして良かったー!!!って思いました。


費用は高いかもしれないけど、入院生活の快適さや、術後の痛みの度合、
食事のおいしさ、そして楽しいイベント(→もちろん、みのり先生のコンサートです!) 
などなどを考えれば、全然高くないと思います。


なんと言っても、同じ悩みを抱えた人ばかりなので、
「痔」についてのあらゆる話を隠すことなくみんなで語り合えるのが
心強くもあり、楽しくもありました。


GWを病院で過ごすなんて(泣)、って初めは思っていたけど、
仲の良い友達もでき、
逆に一生ステキな思い出に残るGWになるな~と今は思います


院長先生、みのり先生、スタッフの皆さん、本当にお世話になりました。


明日(退院の日)の診察が院長先生じゃないのが残念ですが、
昼ご飯と晩ご飯の時に食堂でお話しできて良かったです。


リフォーム後の内覧会、楽しみにしてるので、ぜひぜひぜひ、呼んで下さいね!


追伸:毎月のコンサートも聴きに行っちゃいま~す


【 ドクターからのメッセージ 】


せっかくのゴールデンウィークでしたが、
入院生活を楽しんで頂けてよかったです。


毎回そうですが、患者さん同士の結束の強さには驚かされます。
このお付き合いが生涯続くこともあるそうです。


また、「折り紙名人」 だったこともあり、子供たちと遊んで頂いてありがとうございました。
大喜びでした。


院内コンサートも一緒に盛り上げて頂いて ありがとうございました!


また来て下さいね!


佐々木 巌




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


プロフィール

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。