患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30歳代の男性の手記より(痔瘻・日帰り手術・2007年冬)

まず最初に、この度は佐々木院長先生、
親切な診察、治療、そして手術と、本当にありがとうございました。


そして、大阪肛門科診療所のスタッフの皆様方
本当にご丁寧な対応ありがとうございました。


私は、約8年程前に痔ろうになりました。


その時は22歳でしたので、”痔ろう”と言う病気も知らず、
その内、ほっておいたら治るだろうと思い、
約3、4年程ほっておいたのですが、一向に治る気配もありませんでした。


1週間に2、3回、痔ろうの所から膿みがでて、
時には寝れないくらい痛むこともありましたが、
その内治るだろうと思っていました。


しかし、これは何かおかしいと思い、
インターネットで痔の病気について調べてみたところ、
その時、初めて痔ろうと言うことを知りました。


そして、手術をしないと治らないと言うことも知りました。


やはり、最初は肛門を人に見せるのはとても恥ずかしく年齢も若かったので、
また、その時も私の心のどこかに、
もしかしたら、ほっておいたら治るんじゃないのかなと思っていました。


けど、この痔ろうはほっておくと複雑化したり、痔ろう癌になる可能性があると
インターネットや本等で拝見したことがあり、とても恐くなりました。


毎回腫れる度に痔ろうが複雑にならないか、
もしかすると、痔ろう癌になっていないかなどを考えるようになり、
毎日が本当に楽しくなかったです。


そこで、決心して病院探しを始めました。


インターネットや本で探し、そこでこの大阪肛門科診療所と出会うことができました。


私の家からは少し遠いのですが、
インターネット、そして本での評判が凄く良かったので
私は他の病院は考えることもなく、
この病院の診療を受けることに決めました。06年でした。


そして、佐々木院長先生と出会うことができて
一発でこの病院で手術をしようと決めました。


先生の対応と親切さ、そして人柄に惚れました。


手術を決めたのですが、何点か迷うことがありました。


まず手術の方法が2つあると言うことと、もう一つはお金の面でした。


家族や仕事の都合など、いろいろと考え、
ようやく07年11月に手術をすることに決めました。


術式はシートン法です。


日帰り手術で仕事にも然程影響はないと聞かされていましたので、
こちらの術式を選びました。


手術に関しては、痛いのは麻酔だけです。
歯医者の注射をするのと同じです。


時間は約15~20分程でしょうか。
あんなに苦しんで悩んでいた8年間程が15分で全て消えました。


先生からは麻酔がきれると痛むかもしれないので、痛み止めの薬を頂き、
薬のおかげで麻酔がきれても、あまり痛みもなく、
次の診察の日まで過ごす事ができました。


シートン法は痔ろうをゴムで縛っていく方法です。


ですので約週1回の通院でゴムを縛ってもらうのですが、
インターネットなどでは、このゴムを縛るのが痛いなどの掲載があり、
本当にドキドキしていたのですが、
佐々木院長先生のゴムの縛り方は本当にすばらしく
私は約2ヶ月程でゴムが取れたのですが、
その中で一度だけ痛かっただけで、
他は本当に痛みは少なく毎日を快適に過ごすことができました。


ゴムが取れた時は感激しますよ。


そして今日に至るのですが、
本当に大阪肛門科診療所と出会えたことが、私の人生の中でとても大きな事でした。


あんなに悩んで毎日が楽しくなく、
子供と遊んでいても、どこかに旅行に行っても、
痔ろうがあると言うことで、あんなに悩んでいた8年間が今は嘘みたいです。


本当にもっと早く手術をしていればなと思います。


佐々木院長先生、そして大阪肛門科診療所のスタッフの皆様方、


本当にありがとうございました。


【 ドクターからのメッセージ 】


シートン法は痛みを感じる方もおられるので、
この方にも事前に説明をしました。


非常に心配なさっていたのですが、
実際には痛みもほとんどなく、快適な治療となったようです。


本当に良かったですね。


家族思いのパパのようで、いつもご家族で来院され、
小さなお子さんがパパをさがして診察室の前までくる
ということが毎週くり返されていました。


笑顔のパパのまま治療できてよかったです。


佐々木 巌




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ




スポンサーサイト

40歳代の女性の手記より(脱肛・痔瘻・入院手術・2008年春)

お世話になりました。
この時期、この病院に入院出来た事に感謝しています。


インターネットで見つけて即決して、
家族以外の誰にも秘密で通院し、入院手術…。


同室の子も若いけど、とてもいい子で、年代関係なし、
お話できて本当に楽しかった。


色々な人がいましたが、何より秘密でだれにも話せなかった事が、
おもいっきり話せて盛り上がれて、本当にスッキリしました。


院長いわく、久し振りの満床ということ… 
でも、私にとったら同士がいっぱい居ておもしろかった!!


病院もリフォームされるということ、
かなりの歴史のありそうな建物で、初めて来院した時は少し安心した…


入院してからは、施設のこと、食事のことなど、
え~っ!? って思い、テンション下がる事もありましたが、
これから、すごいバージョンアップされていくと思います。


病院さがしのポイントで、
この病気はとくに女性にとっては極秘のうちに治療したいところがあり、
色んな人に見られたくない- やっぱり女医さんを探しました。


初診で来たとき、初めてみのり先生にお会いした時、
べっぴんさんやけど、大丈夫かな!? って思いました。


診察のながれで、みのり先生が
今やったらすぐそこに院長がいるから、「見てもらう?」って言われた時、
ちょっと、ゲッって思いましたが、
この際、はずかしがってる場合ではないと思い、
どんなおっちゃんが出てくるんやろォー? って、ドキドキしてたら
なんど、かわいい(スミマセン…)院長で、大丈夫カナ=○ って思いましたが-
とにかく、他には行くつもりなかったので、全面的にお任せする事に決めました。


ここに来てた人は、本当に皆さん、院長、みのり先生のこと、信頼して、手術していただいて、色んな評判の中、本当に良い病院にかかれたんやナァーって、思ってます。


「どっかいいとこない!?」って、
「肛門科で」って、誰かに聞いてほしいです。


ホームページも、病院施設もリニューアルしたら、
また、みのり先生のコンサート呼んでください!


まだまだ、お世話になりますが…。


P.S
看護師さん達には、本当にやさしくしていただいて、
気持ち良く静養できました。


食事の時など、お世話してくださった、お父さん、お母さんも
皆さん、ありがとうございました。


また、仕事に子育てに頑張ります☆


【 ドクターからのメッセージ 】


日帰り手術は、麻酔から手術に至るまで、私一人で担当するので、
男性医師におしりを見られることなく治療できるのですが、
入院手術は私と院長と2人で担当します。


ですから、麻酔や術式について相談しながら決めて行くことが多く、
可能であれば、手術前に2人の医師が診察をしておくのが理想です。


(現実は、なかなかそうはいきませんが…)


今回は入院患者さんが多く満床になってしまい、
なかなか細部にまで手が回らず、ご不便・ご迷惑をおかけしたと思います。


「おもしろかった!!」と言って頂けてホッとしております。


また、初めての試みで、院内コンサートも開催しました。


好評だったのですが、前日手術の患者さんにとっては、
長時間座っているのがご心配だったようで、
次回からは日程を考えようと思っています。


是非、いらして下さい!


佐々木 みのり





にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ



20歳代の女性の手記より(痔核・痔瘻・裂肛・入院手術・2008年春)

痔の手術はすごく痛いとうわさで聞いていたので、
ビクビクしながら、当日を迎えたのですが、
麻酔の注射の痛みはあったものの、
手術中は全く痛みを感じることがありませんでした。


術後も元気に夕食を頂き、おしりに若干の違和感はあるものの、
「なんだ、こんなものか」と思うほど平気に過ごしました。


翌日… トイレの時はさすがに痛いだろうと思い、恐る恐る行ったのですが、
これもやはり全く痛みを伴わず、


本当に手術をしてくれたのか!? と疑いたくなるくらいでした。


その後も順調で、毎日同室の方と楽しくお喋り、ニンテンドーDSをするなど、
かなりゆっくりと自由な時間を満喫しました。


外出許可が出てからは、フラフラとショッピングに出かけたり、
私にとってこの入院生活はかなりパラダイスでした (笑)


思い切って手術を受けて本当に良かった ★★★


【 ドクターからのメッセージ 】


痛みの少ない入院手術でも、痛みの程度はさまざまです。


また、入院手術を選択される方は、
「痛がり、こわがり、不安がり」の方が多いので、
傷の状態、術後の経過が良くても、痛がっておられるケースもあります。


この方のように、全く痛みがないケースもありますが、
少しくらいは痛いものです。


入院生活を楽しんで頂けたようで何よりでした!


佐々木 巌




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ



60歳代の女性の手記より(脱肛・日帰り手術・2008年冬)

子供を出産後40年、脱肛との闘いに悩まされ
日増しの(脱肛)成長に、如何なものかと案じる毎日でした。



最近では出血というお添えものまで付き、どうしようもない状態になり、
40年来のものに手を下さなくてはならないかと考えておりましたところ、



お友達より、
「上手な先生が居られるよ」、
「先生以下、staffも申し分のない人達で構成され、何の心配も無い」 との事で、
「是非、先生に相談してみては。」 との事でした。



私も切羽詰っており、意を決し、足を運びました。



やはり、想像以上の好印象、
早速、切除の手続きを終え、見苦しい箇所への切除へと進みました。



こんなに痛みも少なく、思っていたより安易に治療が出来た事は、
佐々木みのり先生の技術と、staffの人達の支えがあったからこそと思っております。



誠に有難うご座いました。



その後の検診(週一回)で、最初2~3ヶ月の通院が必要と聞いていましたが、
先生の技量と経過処置が良い為に1ヶ月位で、OKになるとか…、
先生からのお話しがありました。



もっと早く先生を知っていればと悔まれてなりません。



完治の暁には、旅行にスポーツにと、
希望に胸がふくらんでおります。



Lots of thank you !



【 ドクターからのメッセージ 】



日帰り手術は入院手術と違い、痛みを伴うことが多いのですが、
痛みの感じ方には随分個人差があります。



この方の場合は痛みも軽く、予定よりも早く治癒しましたが、
どんなに痛くても、術後の痛みは傷が治ればなくなります。



最終的には、「痛かったけど手術して良かった!」
と、言って頂けるのが日帰り手術です。



命にかかわる病気ではありませんが、
「手術をして人生変わりました」 と、言われる患者さんも多いです。



おしりもスッキリ治ったことですし、
これからの人生、どんどん楽しんで下さい!



佐々木 みのり




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


20歳代の女性の手記より(脱肛・裂肛・日帰り手術・2008春)

この度は本当にありがとうございました。


手術は人生初めてだったため、恐くて不安だったのですが、
みのり先生、看護師の皆様が手術中ずっとはげまして下さり、
安心しておまかせできました。


極度の恐がり、痛がりの為、ずっとわめいており、すみませんでした…


こちらに来て本当によかったです。


完全に治るまで、まだまだお世話になりますが、
今後ともどうぞ宜しくお願いします。


【 ドクターからのメッセージ 】


手術がこわいのは皆同じです。


麻酔で痛みをとることはできても、こわいのは治りません。


声に出すことによって少しでも気持ちが楽になるのであれば、
出して頂いて良いのです。


どうぞ、お気になさらないで下さいね(^-^)


佐々木 みのり




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


80歳代の女性の手記より(脱肛・日帰り手術を受けて短期入院・2008年春)

2年間悩みながら、なかなか決断できなかったのですが、
思い切って手術を受けて、


”こんなに簡単にできるのなら、もっと早く手術を受ければよかった”


と思いました。


ありがとうございました。


【 ドクターからのメッセージ 】


遠方で、ご高齢ということもあり、安全な局所麻酔で日帰り手術の方法で
手術をしました。


日帰り手術は痛みを伴うことが多いのですが、
この方は、麻酔も術後の痛みもほとんどなく、
本当にお元気に入院生活を過ごされていました。


まわりの人たちがビックリしたほどです。


これからも、そのパワーで頑張って下さい!


佐々木 みのり




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


30歳代の女性の手記より(痔核・裂肛・外来治療・2008年春)

丁寧に説明していただき安心しました。
ありがとうございました。


【 ドクターからのメッセージ 】


ささいなことでもかまいませんので、何でも聞いて下さいね!


佐々木 巌




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


40歳代の男性の手記より(脱肛・入院手術・2008年春)

佐々木先生をはじめ、スタッフの方々、大変お世話になり、ありがとうございました。


私は、”ぢ主” として初心者なのですが、この手記を読まれる方に対して申し上げます…


今迄辛い思いをしてきたならば… 一刻も早く手術をする決断をされた方がよろしいかと思います。


もちろん、先生と相談の上でしょうが……


あ、懐具合にもよりますが、費用対効果で考えると、決して高くは無いですよ。


3/16 (日)  大便後、肛門に違和感が残る (何か挟まったような…)


3/17 (月)

  ・ 朝シャン中、何気に洗って、 「ギャーッ!!」 と飛び上がる。

  ・ 仕事中、肛門が濡れた感じがして、トイレで確認すると、
    パンツを通り越してズボンにも黄色い汁? が……
    同僚 (もちろん女性) に生理用品をもらって対応 (セクハラか!?)
    事情を説明すると、「あんなものでよければ、またいつでも言って下さい」
    と言われました。感謝!

  ・ 夕方、インターネットで検索して、本診療所を訪れる (一発でヒット)

  ・ 脱肛 (イボ痔) との診断で、飲み薬と塗り薬で様子を見ることに


3/18 (火)  一日中、痛み治まらず、まともに寝れず……


3/19 (水)

  ・ 出勤途中で脂汗が出て、途中下車、Yシャツ汗でボトボトに…

  ・ まともに座れず、何もしなくても痛い × ∞ (無限大) …… → 仕事に集中出来ず

  ・ 夕方、再度、院長に診てもらう。


  ☆-- 十分なインフォームド・コンセント --☆

   ・ 悪化している (1つ→4つ)

   ・ 風せんは、いつかしぼむが、いつしぼむかわからない

   ・ 手術はしなくてもよい病気である。 (but … ↑ )

   ・ 入院期間は、5泊6日 …… etc

  ☆-------------------☆


  ・ 人事異動で4月に職場がかわる可能性が高い

    ⇒ 院長の丁寧な説明を聞いて、手術を決断する。


3/20 (木)  入院 & 手術

  ・ 手術に関しては、諸先輩方が書いてらっしゃる(痛くない!!)ので割愛します。

  ・ 私の場合、局所麻酔だったので、注射は痛かったです。


  この間 (20日~24日)、多少ヒリヒリとした痛みはありますが、
  痛み止め薬を上手に使って回避します。


  ※ 日曜は、セミプロ級のみのり先生のコンサートがありましたョ! (歌が上手!!)


3/24 (月)  社会復帰?のため、浣腸トレーニング

  ・ 案外、すんなり出来て、看護師さんに誉められる!?


3/25 (火)  退院予定


  (職場が近く(徒歩10分)なので、引き続きよろしくお願いします。)


近日中に、「八軒屋浜」 の整備も終わるし、5月上旬には 「水都・α 」 もopen!

散策マップ (北大江地区等) を置いてもいいかも……


※ 「マリアン」は、「北大江公園」 の向かいですョ。


ecoaction!!

 冷房は28℃、暖房は20℃
 地球にやさしくしましょう ~


【 ドクターからのメッセージ 】


この方は、3月の入院手術日の直前に来られ、一時保存的に様子を見ようとしたのですが、痛みが治まる気配がなく、手術に踏み切った方です。


諸事情により局所麻酔で手術した訳ですが、
術前 → 術後の表情の変化が印象的でした。


(モチロン、楽になったのですョ。)


佐々木 巌







にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ










  

松屋春繭さん、甲子園本店で営業再開!

ブログ管理人の戸部と申します。


患者さんや診療所スタッフ皆さんのご用達、
和菓子の老舗 「松屋春繭」 さんについてのお知らせです。


以前、”松屋春繭さん閉店” という内容で記事を掲載いたしましたが、
4月中旬より、甲子園本店で営業を再開されるとの嬉しいお知らせを頂きました。


診療所近くの天満橋店は、まだ再開の予定はありませんが、
甲子園本店で営業を再開されるという嬉しいお知らせを、
少しでも多くの方々にお伝えできればと思います。



»  「松屋春繭」甲子園本店の地図はこちらから。




20歳代の女性の手記より(脱肛・外来治療・2008年春)

脱出物が出たり入ったりする為、診察時は出ていない事が多く、
ついつい 「たいしたことない」 というお医者様のお言葉に安心してほったらかしていると、
ひどくなってしまいました…。


【 ドクターからのメッセージ 】


できてしまった 「脱出物」 はなくなりませんが、
痛み・出血などの症状がなければ、手術せずに様子をみて、
ひどくなった時に手術を考えても手遅れになったりしません。


「安心してほったらかし」 にできるだけの余裕があり
それだけ痔とうまく付き合ってこられたのだと思います。


佐々木 巌





にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ




プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。