患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱肛の女性(27歳)の手記

初めに。先生方はじめ、看護婦の皆様方、スタッフの皆様方、入院中本当にお世話になり、ありがとうございました。


3年前発覚したときは、近くの総合病院でみてもらったのですが、その後軽視していたのが悪かったのか、昨年12月に悪化しました。


近所の薬店へ市販の坐薬を買いに行った際、その店長さんより「いい病院がある」と、
この「大阪肛門病院」を教えてもらいました。


そして12月26日に初めて訪れました。


「いずれは取った方がいい。大きくはなるけど小さくなっていくものではないから。でも、今の状態なら、その時期は自分で決めたらいい。」との診断でした。


“痔”に対して無知で、少し楽観的に考えていた私にとって、
“手術” “1週間の入院” はあまりに突然で、
そして「いずれは逃れられない」という事実に大変動揺してしまいました。


5月に結婚が決まっており、「結婚までに治したいけど会社はなかなか休みづらい」
「でもまだ5月まで時間はあるのに、わざわざ結婚してから入院するのは…」と色々複雑な思いがからみ合い、即病院から母へその報告の電話をしましたが、声を聞くなり、思わず(年がいもなく)泣いてしまいました。


(そのときそばで温かく勇気付けて下さったこと、忘れられません。ありがとうございました。)


色々考えた末、“いい病院”と出会えたのも、ただの偶然ではないような気がして、
今しかないと、1月末に入院・手術することに決心しました。


生まれて初めての手術に不安一杯でしたが、皆様方のお気遣いと先生の“腕”で手術は全く痛くありませんでした。


それどころか、先生の「暇でしょう?」「もう一番悪かったところは取りましたよー。」となごやかに話しかけて下さる言葉に 「そうですか。ははは…。」と、普段通りしゃべっている自分がとても変な感じでした。


術後、私の場合、傷が少しはれた上、神経が過敏なのか、少し痛みもありましたが、その都度処置して下さり、辛い思いは全くありませんでした。


ですが、神経質な私は、細かい事を気にして、すぐ先生に問いかけてしまいましたが、いつも何でも優しく答えて下さり、ありがとうございました。


私は明日退院しますが、入院中にお世話になりました皆様方への感謝とお礼の気持ち、そして原点に戻って、この病院に出会えた偶然への感謝は文章で書きつくすことはできません。


まだまだ通院でお世話になりますが、ひとまずありがとうございました。


そして、これからも宜しくお願いします。


【 当時のドクターメッセージ 】


色白ですごくきれいな人だったので、診察後の涙が、妙に似合っていて(これは失礼かな?)印象的でした。


でも泣かれるのはこの方だけではありません。


初めて肛門病院に来られる方は、悩んだ末、勇気をふりしぼって、非常に緊張した状態で診察を受けられる方が多いです。


特に女性の方は「肛門科」というと抵抗があるようで、診察が終わって、今までの緊張が一気に取れて、つかえていた感情が押さえられなくなってしまうようです。


手術する、しないにかかわらず、ホッとして涙が出るんでしょうね。


患者さんの繊細な気持ちを配慮するよう、スタッフ全員心がけております。


どうぞ安心なさって、思いきり泣いて下さい。それで結構、気持ちがすっきりするようです。
スポンサーサイト

内外痔核・裂肛の女性(56歳)の手記

院長先生、みのり先生、やさしい看護婦さん方、大変お世話になりました。


電話帳を見て不安を胸にやって来ましたが、
大阪肛門病院のような良い病院に来れて本当に良かったと思います。


音楽が流れる中、院長先生に手術をして頂きまして、ちっとも痛くなく、術後も余り痛みがなくて、手術前の事を思いますと、うそのように楽になりました。


もっと早く来れば良かったと思います。


これから痔で困っている人がいたら大阪肛門病院に行きなさいと言います。


まだこれからもお世話になりますが宜しくお願い致します。有難うございました。


図書室があって助かりました。
久々に毎日読書をして痔の本も何冊も読んで勉強になりました。


これから日々の生活をもっと大事に料理の方も痔の事を考えて頑張ろうと思います。


【 当時のドクターメッセージ 】


入院中の時間を利用して読書もいいですね。


普段は忙しくてそんな暇はない、とおっしゃる方も一度、図書室をのぞいてみて下さい!


本もたくさん取り揃えています。

内外痔核・裂肛の女性(23歳)の手記

明日で退院ですが、入院生活は快適であっという間でした。


両親や知人に痔の手術は痛いぞと言われていたので、大変不安な思いで手術を受けたのですが、麻酔もさほど痛くなく、もちろん手術中も(寝そうだった)、術後もほとんど痛まず(排便の時は少し痛んだ)、この病院を選んで良かったと思いました。


それと術後、肛門がどういう状態だったか、どういうことを手術でしたか等の説明も丁寧にして下さり、安心できました。


ただちょっと思った事は


・ 食事の時の弁当が冷たかったんですが、
  弁当箱のままレンジに入れる事が出来ないので (大きいので回転しない)
  おかずを移す皿があればと思いました。 (おかずが温かいだけで全然違うと思う)


・ 部屋に一つ時計がかけてあれば便利だと思います。


みのり先生、院長先生、そしてスタッフの皆さん、有難うございました。
まだしばらく通院でお世話になりますが、その時はよろしくお願いします。


【 当時のドクターメッセージ 】


お弁当箱はそのまま電子レンジに入れて頂いたらいいのです。


でもすべてのおかず(例えばサラダなど)が温まってしまうので、お皿があると便利かもしれませんね!考えてみます。


お部屋の時計も検討します。

内痔核の女性(27歳)の手記

私が痔になったのは2人目の妊娠の時だったと思います。


産婦人科の先生に「痔になったみたいなんですが。」というと
「痛くないんでしょ。」と軽く言われてしまいました。


私の場合、痛みはないのですが、一緒に腸が下がっているような気持ちの悪いものでした。


私の母、祖母と痔に悩まされてきたので、私は絶対痔にならないぞと心に決めて気をつけてきたつもりでした。


一人目の出産のとき、微弱陣痛で、助産婦さんに
「思い切りきばりなさい。」と言われたので、
「痔になりませんか。」と言うと、
「こんな時に何を言っているの。」と怒られました。


私の母は数年前、総合(大学)病院の外科で、初めて痔の手術を受けました。


入院中、まわりの方が重症なので痔くらいで痛がってはいけないと我慢をしていたようですが、あまりの痛さに、痛みを訴えてもなかなか痛み止めをもらえなかったようです。


その上、手術後の診察で、「失敗した」とか「えっ、こんなに肛門が狭くなっている」などと言われ、とてもショックを受けていました。


それを見て私は一度専門の病院で診てもらった方がよいと、母のために本を読んだりしていてこの病院を見つけたのです。


母はとりあえず困っていないのでいいと言っていたのですが、私自身、痔になってしまい受診したのです。


まさか手術しないといけないとは思っていなかったのでショックでしたが、早いうちにとりあえず手術してもらったほうがよいと思い決心しました。


おかげさまで診察、手術、術後と特に痛みなく過ごせました。


少し痛かったことといえば、大腸の検査と手術前のトイレの腹痛くらいです。


この病院に来てから、先生や看護婦の方、事務の方、皆さんとても親切にして下さり、感謝しています。


またお世話になるとは思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。


【 当時のドクターメッセージ 】


出産をきっかけにして痔になっても、しばらくたつと治ってしまうことも多いので、産後の患者さんには手術をせず、しばらく様子をみるように言っています。


お産の時の過度のいきみによって脱肛してしまうことがあります。


産後半年ほどたっても症状が変わらないようでしたらもう一度受診された方がいいでしょう。

脱肛の男性(40歳)の手記

私は今年で40歳になる男性です。
妻と3人の子供の家族を持ち、二年前に20年勤めた会社を退職し、自立をし始めやっと社員にも毎月の給料が払えるようになって矢先の事でした。


少し疲れもたまっていたのでしょうか。
突然多量の出血(全く痛みなし)で仕事どころではなくなりました。
(実のところ出血が止まれば手術など受ける気はなかったのですが)


10年くらい前から同じような事が何回かあり、以前にも他の病院で診察を受け、手術を薦められたのですが、十分な説明もなく、とても手術を受ける気には成りませんでした。


しかし貴院では、初診時の院長先生の説明には納得し、事務所の坂井さんのお話も実感のこもった実例を聞かせていただき、私の不安もうすらぎ3日後に手術の日を2月4日(大安)ときめ、貴院に電話をしました。


当日、私自身不安がまだまだいっぱいのまま貴院に向かい、先生のおっしゃる「手術は痛くない」という言葉を信じ、手術にのぞみました。


まったく先生の説明通りに手術の痛みはなく、術後も痛まず現在に至っております。


明日2月10日(大安)に退院できる事を院長先生、諸先生、看護婦さん、事務所の坂井さん、その他のスタッフの皆さまに心より感謝致しております。


有難うございました。


1999・2・9 PM9:00 和歌山県


【 当時のドクターメッセージ 】


患者さんの中にはこの方のように「大安」の日を選んで、手術日や退院日を決められる方もおられます。縁起を担がれるのでしょうか。


でも手術は大安であろうが仏滅であろうが関係ありませんのでご安心を!
仏滅に手術をしたからといってうまくいかないということはありませんので…。


若い方はあまり気にされないようです。

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。