患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30歳代の男性の手記より(痔瘻・膿皮腫・入院手術・2008年秋)

3年間 痔瘻で、ずっと痛さと膿とで悩んでいました。


そんな中、ホームページでこの病院を知り、とにかく診察だけでもと思い来ました。


診察をうけると、やっぱり (自分でもそうとう悪いと思っていましたが) だいぶ悪いと診断を受け、手術しかないと言われました。


車に乗るのも、いすに座るのも、歩くのも痛かったので、手術を決意しました。


手術までに約2週間ありましたが、その間 不安と緊張とで、正直 仕事もあまり身につかなかったように思います。


手術当日、緊張と、頭の中で想像ばかりが先行して、ものすごく 《ナーバス》 でした。


とくに、私の場合は朝 9時に来て、手術が始まるのが午後 3時ごろでしたので、
その間が長かったせいで、なおさらそう思ったと思います。


いざ手術室についても、まだ逃げ出したい気持ちでいっぱいでした。
《痛がりで、こわがり》 の男だからです。


ただ、パンツを脱いで手術台にのったとき、こんな私でも さすがにあきらめがつきました。


腰椎麻酔をする体勢になり (エビみたいに、背中を丸くする)
痛みは、 ”チクッ” とくるぐらいでした。


とてもうまく、一発で麻酔をしていただけたと思います(笑)


(先生のコメント : この方の麻酔は苦労しました。すみませんでした。)


それからは、麻酔が効いて、まったく痛みはなかったです。


手術中、先生方や看護師のみなさんが声をかけていただけたので、
不安感はなかったです。


あの、メスを使うまでは・・・(笑)


(先生のコメント : 電気メスを安全に動作させるのに少しお待ち頂いたのですが、
この時間 心配されたようです。すみませんでした。)


それでも無事手術も終わり、術後、痛みも想像より少なかったので、
夕食も完食できました。


手術時間は当初よりオーバーしましたが、体力、気力、ともにノープロブレムでした。


入院生活も、食事もとてもおいしかったですし、痛みもほぼなかったにひとしいほどでしたので、7泊8日でしたが、長くて短かったような気がします。


最後に、院長先生、みのり先生、看護師さん、スタッフの皆さま
ほんとうに ”ありがとう” ございました。


まだ、完治までは先は長いですが、宜しくおねがいします。


皆さま、おしり ”おいど ” だけは 大事にしましょう!


【 ドクターからのメッセージ 】


終わってみれば大変お元気でしたので、安心しました。


厳しい病状でしたが、手術もうまくゆき、あとは通院での治療です。


がんばりましょう。


佐々木 巌



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ



スポンサーサイト

プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。