患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40歳代の男性の手記より(膿瘍・外来治療・2008年春)

説明がていねいで、質問にも明確に答えていただきました。


無理な治療はせず、安心感がありました。


とても信頼できる先生だと思います。


ありがとうございました。


【 ドクターからのメッセージ 】


病状によっては、希望される方針で治療できないケースもあるのですが、
十分な説明を心掛けております。


安心したと言って頂けるのが、何より励みになります。


佐々木 巌



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


スポンサーサイト

40歳代の男性の手記より(術後肛門周囲膿症・入院手術・2008年冬)

昨年12月に、某市内総合病院にて痔核の手術を受けましたが、
術後の治りが悪く、担当医の対応もあいまいで、
どうにもならず、知り合いの紹介にて、すがる思いで大肛に来ました。


それにもかかわらず、院長先生はいやな顔一つせず症状の説明をして下さり、
「根治できる症状だと思いますから、心配しないでがんばりましょう」と言ってくれました。


早速、再手術の日が決まりましたが、以前某病院で受けた手術の術後がものすごく痛く (まるで生き地獄のよう)、すごく不安になり、手術当日まで何回か診察に来ましたが、毎回おなじ質問にもかかわらず、院長先生はいやな顔ひとつせず、ていねいに説明して下さいました。


いよいよ手術当日を向かえ、未だ痛みに対する不安はかなりありましたが、
術後の痛みは全くと言っていい程なく (これ本当です。)、本当にびっくりしました。


(医者の腕によって、こんなに違うものなんか?というのが私の実感です。)


現在 「痔」 で、病院選びで迷っている方は、絶対に大肛で診察される事をお勧めします。


自由診療なので費用はかかりますが、それ以上の価値が絶対に有ります。


病院選びは本当に大切な事です。!!


(経験者が言うので間違いないです。)


明日、退院しますが、院長先生をはじめ、みのり先生、看護師の方々、受付の方、本当にありがとうございました。


しばらく、通院が続きますが、これからもよろしくお願いします。


本当に、感謝してます!!


【 ドクターからのメッセージ 】


不安というものは、それだけで痛みや治りに大きな影響があると思っています。


手術前の不安は誰にでもあるものですし、
一度つらい思いをしておられればなおさらです。


この方も、感想には「痛みは全くといっていいほどなく」と言っておられますが、
手術直後は痛いとおっしゃっていました(笑)。


しかし、不安を乗り越えた後では、痛みは半減したようです。


私 「痛みますか?」
この方 「便のあとはちょっと痛いですね」と。


強い不安を乗り越えることができたのは、
きっと、うちのスタッフみんなの力だと思います。


決して医者だけの力では、こうはいかないと思いますよ。


これからもしばらくの間、がんばって治療しましょう。


佐々木 巌





にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ





プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。