患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40歳代の女性患者さんの手記(裂肛・肛門ポリープ・外来治療・2012年冬)

手術したにもかかわらず、
まだポリープや裂肛があったことはショックでしたが、
知ることができて良かったです。


また便通についても、間違った認識を持っていたことがわかりました。


何とか手術をしないで治るよう、
正しい便通に努めたいと思います。


それでもダメな場合は、
是非 来年始めにこちらで手術をお願いできたらと思います。


Professional な医療に感動しました。


是非 Sydney で医院を開いて下さい!




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


【便秘外来】 のページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ



スポンサーサイト

外来患者さんからのコメント(裂肛・ポリープ・みはりイボ・20歳代女性)

前に行ったお医者さんでは、
傷の治療についてしか診てもらえなかったのですが、
今回こちらでは、根本原因からていねいに説明して下さり、
納得できました。


先生や看護師さんも、皆女性だったので、
安心して診察を受けることができました。


今、おなか とてもスッキリしてます!


このまま治ればいいなぁ、治したいなぁと思います。




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ



30歳代の女性の手記より(痔ろう・裂肛・ポリープ・入院手術・2009年秋)

会社の健康診断で胃の検査をする為に飲んだバリウム・・・
いつもなら、すっきり出るはずが、
今回に限り カチカチの巨大(?!) な固まりになり、
『痛ぁ~~いっっ!!』


その後、排便の度に ヒリヒリ&少量の出血。


2年程前に他の病院で痔瘻(じろう)の手術を受けたことがあるのですが
「また あんな大変なつらい悲しい痛い痔になってしまったらどうしよう・・・」
と、日々薬局で買った薬を使いながら
「気のせいであって欲しい・・・ そう!! だって手術して治ったはず!!
でも・・・ やっぱり痛いよぉー どーしょう~~ 誰か助けてェ~~」
と頭の中はおしりの事でいっぱいでした。


以前から、大阪肛門科診療所さんの存在は知っていたのですが、
「健康保険証の受診病院名に 『肛門』 って単語が入ってたら会社にバレるやん、
恥しいしなぁー」 と、ネットなどで詳しく調べることなく、
ただ毎日 「どーしょう~ あぁ~ なんで私ばっかり?!」


悲しいやら、情けないやら・・・ でも、思いきってネットを見てみると、
「自由診療です」 との案内が・・・


ということは、「保険は関係ないから バレへんやん!! やったぁー 良かったー!!」
と、やっと診察して頂く勇気が出ました。


以前に手術をしたことがあるので、診察には何の不安もなかったのですが、
みのり先生に、「今日、朝 便出たんでしょ?? でも、いっぱい便たまってるよ。
そりゃ、こんな便が残ってる所に薬入れても、良くならへんわぁー」 と言われ、
「えっ?? 私が便秘?? 毎日出てますけど・・・?!」


初めての浣腸・・・ でましたxxx


『直腸性便秘』 初めて聞きました。


『今回の痛みや出血も、バリウムのせいではなく、
ずーっと 便秘と下痢を繰り返したことで、
裂肛から肛門ポリープができてしまっている。
これは、切るしか方法がない』 とのお言葉・・・


「やっぱりかぁ~」 という あきらめの気持ちとともに
すごく情けない気持ちになって、家に帰る道、涙が止まりませんでした。


主人に話すと、「お金が高いとか、そんなことは気にしなくていいから、
君が信頼できる先生に、しっかりと手術して頂いて、
スッキリと楽しい気持ちで過ごせる様にすればいいよ!!」
と、背中を押してくれ、手術を決心しました。


入院日当日、不安いっぱいで受付を済ませ、今日から入る部屋に案内して頂くと、
すでに手術を終えた方々が集まって、おしゃべり中。


「みんな元気そうやなぁー 痛くないんかなぁー」 と思っていると、
突然 「私の手術前、後の写真あるんやけど、見る?」
と、他人のおしりの穴の写真をみるという、驚きの出来事が。。。


でも そのおかげで 「ここは みんな同じ悩みを持った人たちばっかりで、
私だけじゃないんや!! 恥しくもない!!
たまたま 場所が肛門だっただけで、病気に良いも悪いもないんやから。
早く良くなる様、前向きに頑張ろう」 と思うことができました。


部屋では私が1番年上だったのですが、
みなさんに色々教えてもらったり、話を聞かせて頂いたりと、
楽しい大部屋での毎日でした。


家以外で寝ることが不得意なので、日帰り手術も考えましたが、
入院にして大正解でした。


やっぱり術後は不安ですし、何より優しくて明るい笑顔の素敵な先生方や、
看護師さんが近くにいて下さるという安心感が一番


そして 「便出た?」 「痛みどう?」 と患者さん同士で話ができるのも
普段ではできない事 (ですよね・・・ 便通の話 しないですもんね・・・)


なので 「一人じゃないぞ」 と元気がでました。


これから手術を考えてらっしゃる方は入院がオススメです。


入院中は 「座談会」 や 「みのり先生の涙が出てしまう程のすばらしい美声が聴ける
院内コンサート」 など、いろんな催しをして下さり、
「入院中は暇なので、暇つぶしを考えておいて下さいねー」 と検査の日に教えて頂いたのですが、けっこう忙しく、あっという間の5泊6日でした。


今は完治に向け通院中。


診察の予約を入れるまで、何度パソコンを開き、そして閉じた事か。。。


でも 今となっては、もっともっと早くに病気を自覚し、手術を受けていれば良かった
と思っています。


きっと診察を受けるのには勇気がいることだと思いますが、
大きな悩みを持って一人で苦しまず、1日も早く楽しく元気にすごせる日々に向けて
一歩をふみ出してみて下さい。


最後になりましたが、巌先生!! みのり先生!! そして看護師さん方
本当にお世話になりありがとうございます。


これからも便通に気をつけて、先生のおっしゃられる事・・・
しっかり守ります


大阪肛門科診療所に出会えて良かったです
 



【 ドクターからのメッセージ 】


そうなんですか
手術前後の写真、患者さん同士で見せ合っていたとは・・・
ビックリです


そう言えば、昨年の12月入院の患者さんたちが、食事のあと お茶しながら
自分たちの おしりの写真を キャーキャー言いながら 見せ合っていたような・・・


しかも、その横で 「えっ?! 僕が見てもいいんですか・・・? 」と
たじろぐ男性患者さんが・・・。


いつもいつも 女性パワーには圧倒されます


もう そのにぎやかさは、ここはどこ? 本当にこの人たち、術後の患者?!
という状態です


まるで5泊6日の修学旅行、合宿生活! と言った人もいました。


それが 入院手術の良さなのかもしれません。


治療以外のプラスアルファをもっともっと提供できるよう、
企画を考えていきますね!


佐々木 みのり





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。





にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

40歳代の女性の手記より(ポリープ・入院手術・2009年春)

手術を受けるしかないと思ってきたので、
すぐに入院手術を決めて帰りました。


6日間は長いと思っていたけれど、アッという間の期間で、
同室の人にも恵まれ、楽しい入院生活でした。


みんな同じ病気、同じ悩みを抱えた人達なので、
痛みをわかち合って過ごしていました。


入院中はコンサートもあり、
TVがなくても全然退屈しない日々でした。


とは言え、もう二度と経験したくないので、
今度は毎日のケアを大切に、
新しくなったおしりを可愛がっていきたいと思います。


【 ドクターからのメッセージ 】


楽しい入院生活で何よりでした
そう言えるのも、痛みが少ないからです。


本当に良かったです。


皆さん、とっても楽しそうでしたね
アッという間の5泊6日で、思い出深いゴールデンウィークとなったようですネ。


手術までして治した おしり。
今後、また痔にならないよう気を付けて下さいネ!


佐々木 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ




30歳代の女性の手記より(脱肛・ポリープ・入院手術・2008年秋)

いよいよ明日退院の日となりました。
院長先生、みのり先生、スタッフのみな様 本当にありがとうございました。


長年、ごまかしてきた結果 レベル4の脱肛で、
手術しかないと聞いた時は、やっぱりなぁと思いました。


痛みなどはなかったので、どうしようかと迷いましたが、
このまま放置しても悪化するのみ! と決心しました。


当日までは本当に恐くて仕方なく、食欲もなくなり、暗い日々でした。


当日の朝 病院に来るまで、何度も涙がでてきて逃げだしたかったです。
ちゃんと来ましたが・・・。


病室に案内されてから手術まではあっという間でした。


手術室は優しい音楽が流れてた様な気がします。


いよいよ手術開始。


麻酔は局所でしたが、いつ注射されてるのか全くわかりませんでした。


「痛くない?大丈夫?」 と何度も声をかけてもらって心配してくれましたが、
本当に全く痛くなかったです。


手術中も同様で、先生方と会話をしたり、笑ったりの間に終わりました。


結果 ポリープ(大きかった!)も見つかって、とってもらえたので良かったです。


術後の患部の写真にはすごいショックを受けました。
が、きり取った物を見た時は、ちょっとほこらしげな気分になってしまいました・・・。


術後、麻酔がきれてくるとズーンと重たい感じになってきて
鈍い痛みがありましたが、痛み止めを飲んで、たえられる程度でした。
夜はぐっすりねむれましたし。


1日目(術後)から普通に座れたのにはびっくりしました。


やはり ズキズキ、ズーンとした痛みはあります。
が、想像してた程ではなかったです。


難関は初めてのお通じ。 手術をクリアしても、これが恐い。


やはり 痛いです。


なんとか する事ができましたが、しばらくは痛みが残りしんどかった!
でも 痛み止めを飲むと、ホント楽になります。


そして1日 1日、痛みがマシになって、ひく時間も早くなります。


術後 5日目の今、痛みがあってもほとんど気になりません。


後はしっかりケアをして、日にちが過ぎるのを待つのみです。
がんばりたいと思います。


肛門科のみという事で、入院される方は皆同じ病気。
初めは恥ずかしかったですが、すぐに慣れました。


同じ悩み、痛みの事、お通じの事、何でも話せたので、心強かったです。


看護師の方々も、ちょっとした事でナースコールしても、すぐに来てくれて、
優しく対応して下さいました。


安心して入院生活を送る事ができました。


これからまだ通院しなくてはなりませんが、完治の日までよろしくお願いします。


本当にありがとうございました!


【 ドクターからのメッセージ 】


切除された ”モノ” を写メで撮って、ご家族に送信される患者さんもおられます。


あと少し! 一緒に頑張りましょう!


佐々木 巌、 みのり



にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


プロフィール

dr.sasaki

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。