患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30歳代の男性患者さんの手記(痔核・痔ろう・入院手術・2010年夏)

20才の時に初めてイボ痔になり、大きな病院へ行きました。


とりあえず痛くてがまんできず、外科を受診。


インターンや、看護婦さん10人程の前で、
えらい先生が 「これが典型的なイボ痔だ!」 と、
私は教材として扱われ、とても嫌な思いをしました。


その後、数年おきに大きな痛みをくり返し、苦しんでいました。


数々苦しい思いをし、この苦痛を断ち切りたい! と、
日々思っていました。


ちょうどその時、仕事でよく通っていた道で、
「大阪肛門病院」(当時)の看板が目に入り、
病院の門をたたきました。


この出会いが、私の痔との戦いに大きな力になってくれたのです!


佐々木院長は、本当に本当に私にとって最高の医師でした。


大変親切で、痔持ちの人の目線に立って対応していただき感謝 感謝!


手術前には、自分の中で恐くて恐くて仕方無かったんですが、
実際手術は痛くなく終わりました。


これからこの病院を受診される方! ほんまに大丈夫ですよ!


佐々木院長・みのり先生・スタッフの全ての人に身をまかして下さい!


必ず明るい未来が訪れます!!



【 ドクターからのメッセージ 】


プロの話し家さん並に話し上手な方で、
ご入院の皆さんが男女問わず、この人のお陰で、
「メチャクチャ楽しかった・・・」とおっしゃってました(笑)


そんなにおびえているように見えなかったんですが・・・


治ったら、大好きな野球 たっぷり楽しんで下さい。


佐々木 巌




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ


スポンサーサイト

プロフィール

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。