患者さんの声の箱 「痛くないよ、痔の手術」
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の入院患者さんたちの手記をもとにしています。痔に悩んでいる多くの方たちへのメッセージがたくさん込められています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

60歳代の女性患者さんの手記(その他・外来治療・2011年春)

自分では肛門を見る事が出来ないので、
排便の後、残便感があり、気になって診察をうけましたが、
これ位では大丈夫とお聞きし、肩の荷がおり安心しました。




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

スポンサーサイト

外来患者さんからのコメント(便秘・2011年夏)

初めは、出血していたので、腸かと心配しましたが、
便秘という事がわかり、安心致しました。


痔でもなく、安心しました。


どうもありがとうございました。


感謝申し上げます。





痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。


にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

30歳代の女性患者さんの手記(その他・外来治療・2011年春)

痔の痛みがあり、思いきって来院しましたが、
痔ではなく、便の仕方に問題があることなど、
丁寧に教えて下さいました。


又、習慣的に行っていることでの注意事項など、習い、
知らなかったことも多かったので、
とても勉強になりました。


ありがとうございました。




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

60歳代の男性患者さんの手記(痔ろうかどうかの検査)

30年前に痔ろうの手術をしました。 (他の病院で)


今年 10月中頃、痔ろうの再発ではないかとの症状が出ました。


どこの病院で診てもらおうかと調べた結果、
大阪肛門科診療所に決めました。


その理由は、


1. 院長が社会保険中央病院大腸肛門病センターの出身である。


2. 院長は大腸肛門病学会の肛門外科の専門医、指導医である。


3. インターネット等で評判が良い。


実は、私は30年前に手術をした時、
外科、胃腸科、肛門科、で手術を2回して良くなりませんでした。


実家の東京の父親が社会保険病院を調べてきて、
ここが日本一だからと、ここで3回目の手術をしました。


結果、今迄がウソのように良くなりました。


その経験から、社会保険中央出身の佐々木院長のこの病院を選びました。


そして、11月4日、入院検査手術の結果、
痔ろうの再発ではありませんでしたが、
ていねいに検査をしていただき、
この先生の判断ということで納得しています。


術後の痛みもなく、スタッフの方も親切で、
大変良い病院だと思います。



【 ドクターからのメッセージ 】


ご本人の強いご希望により、
入院麻酔下に、検査を行いました。


結果、予想通り再発はなしとの結果。


何よりでした。


佐々木 巌





外来患者さんからのコメント(その他・30歳代女性・2011年)

ていねいに説明して下さり、安心しました。


私は幸い大したことはなさそうですが、
もし続けてお世話になる場合も、
ていねいな先生で、ぜひお願いしたいと思えました。




痔の手術なら、入院も日帰りも、大阪肛門科診療所! ホームページはこちらから。


“これって痔なの?” と一人でお悩みの方へ。 「みのり先生の診察室」 はこちら。




まちの専門家をさがせるWEBガイド マイベストプロ大阪




にほんブログ村 病気ブログへ


FC2 Blog Rankingへ

プロフィール

Author : dr.sasaki
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)の肛門科専門医、
五代目院長の佐々木 巌と、
数少ない女性の肛門科専門医、佐々木みのり です。

記事検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。